広告マーケティングの専門メディア

           

広告業界トピックス

Web3.0時代の到来 出版社はいかにして生き残るか

今泉 睦

昨今の日本の情勢
様々な局面で舵取りが求められる

11月に入り、街には訪日外国人の姿も多く見られるようになった。旅行支援策の後押しもあってか観光地にも人が戻っている。円安、物価上昇は相変わらずだが、来年の賃金上昇に向けて各所での動きも見られ、この流れが賃金上昇とともに適度なインフレで好循環を生むことを期待したい。厳しい冬を目の前にウクライナ戦争の長期化やヨーロッパでのエネルギー問題、アメリカの中間選挙、朝鮮半島の緊張など安心できない状況も続く。コロナ感染者も増えており年末に向けて第8波の到来も考えられる。未来に向けて様々な局面で慎重な舵取りが求められている。

Web3.0時代の出版社の強みは
コミュニティ形成力

10月25日、日本雑誌広告協会国際委員会でセミナーが開催された。今回のテーマはWeb3.0。「Web3.0時代のビジネスチャンスをつかみ取る~急速に進化するウェブの未来を、具体例と共に学ぶ~」と題されたセミナーではExa Innovation Studioの信原威氏によってWeb3.0の基本的な概念から事例、出版社の可能性について説明がなされた。

Web3.0は最近、話題となっているテーマであるが、概念的には次のようなものだ...

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

The Power of OOH どローカライゼーション
世界中の出版社が2年ぶりに集結 国際雑誌連合ワールドメディアコングレス
新聞各社の防災企画 命守る情報を平時から発信
NHK、経営計画修正案を発表 受信料値下げで来年度は減収見込み
The Power of OOH 指標のニューノーマル
出版社が取り組むCookieレス時代のコンテキストターゲティング
生のホタルイカを運搬?各地方で進む輸送用トラック活用
インターネットが普及する今、放送メディアの役割を維持するには?
The Power of OOH モノサシのつくり方
出版社のコンテンツプランニング PVを離れた新しい評価指標とは

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する