広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

第59回「宣伝会議賞」最終審査員・一次審査員を紹介!

最終審査員

[審査員長]

ナカハタ
コピーライター/クリエイティブディレクター
仲畑貴志

1947年京都市生まれ。広告企画・制作、マーケティング戦略、新製品開発などが専門。数多くの広告キャンペーンを手がけ、カンヌ国際広告祭金賞のほか数々の広告賞を受賞。代表作は、サントリートリス「雨と仔犬」、TOTOウォシュレット「おしりだって、洗ってほしい。」など。東京コピーライターズクラブ会員、東京アートディレクターズクラブ会員。事業構想大学院大学教授。また、毎日新聞紙上で「仲畑流万能川柳」の選者も務める。

一倉広告制作所
コピーライター
一倉 宏

1955年生まれ。サントリー宣伝部から、仲畑広告を経て、一倉広告制作所を設立。主なコピーとして、パナソニック「きれいなおねえさんは、好きですか」、サントリーモルツ「うまいんだな、これがっ」、ファミリーマート「あなたと、コンビに」、リクルート「まだ、ここにない、出会い」、JR東日本「愛に雪、恋を白」「MY FIRST AOMORI」、大塚製薬「ポカリ、のまなきゃ」などがある。TCC最高賞など受賞多数。作詞家としても活躍中。著書に『ことばになりたい』ほか。

博報堂
CMプランナー
井村光明

1968年12月23日広島県生まれ。東京大学農学部卒業。1991年に博報堂入社。博報堂クリエイティブ・ヴォックスを経て、現職。日本コカ・コーラ「ファンタ」、ロッテ「クランキー」、MTI「ルナルナ」、LINE「LINE Pay」、UHA味覚糖「さけるグミ」などを手がける。TCCグランプリ、ACCグランプリなどを受賞。

オカキン
コピーライター/クリエイティブディレクター
岡本欣也

2010年オカキン設立。著書は『ステートメント宣言。』『「売り言葉」と「買い言葉」』『大人たばこ養成講座』。主な仕事は、ジオス「英語を話せると、10億人と話せる。」、JT「あなたが気づけばマナーは変わる。」、家庭教師のトライ「トライなら、落書きするヒマを与えません。」、ホンダ「ハイブリッドカーを、安くつくれ。」、京王電鉄「ベストシーズンは、春夏秋冬です。高尾山」、OPPO「人は、カメラと前を向く。」、金麦ザ・ラガー「人間、飲んで食ったら、大満足。」、GODIVA「日本は、義理チョコをやめよう。」など。年賀状、トンボなど岩崎俊一さんとの共作多数。

電通
コピーライター/クリエイティブディレクター
門田 陽

1963年福岡市生まれ。福岡大学人文学部卒業後、西鉄エージェンシー、仲畑広告制作所、電通九州を経て現在に至る。TCC新人賞、TCC審査委員長賞、FCC最高賞、ACC金賞、広告電通賞他国内外賞多数受賞。2015年より福岡大学広報戦略アドバイザーも務める。

株式会社国井美果
コピーライター
国井美果

社内外をつなぐさまざまな言葉やアイデアで、企業活動に関わっている。主な仕事に、資生堂C.メッセージ「一瞬も一生も美しく」、資生堂マキアージュ「レディにしあがれ」、伊藤忠商事C.メッセージ「ひとりの商人、無数の使命」、同社企業広告「かせぐ」「がんになっても、わたしの居場所はここだ。」「生活って宇宙だ。」等、キリンC.メッセージ「よろこびがつなぐ世界へ」、地方創生プロジェクト・VISONのネーミングやブランドメッセージなど多数。ADC賞、TCC賞など受賞多数。ライトパブリシティを経て、現在に至る。

児島令子事務所
コピーライター
児島令子

主な仕事に、earth music&ecology「あした、なに着て生きていく?」「そっとただだいま、服と私と社会。」、LINEモバイル「愛と革新。」、サントリー THE STRONG「刺激以外は、いらんのだ。」、サンスター「口は、生きるの1丁目。」、日本ペットフード「死ぬのが恐いから飼わないなんて、言わないで欲しい。」、JR東日本「大人は、とっても長いから。」、パナソニック「私、誰の人生もうらやましくないわ。」、ANA「別ヨ」など。TCC最高賞、朝日広告賞グランプリほか受賞多数。

谷山広告
コピーライター/クリエイティブディレクター
谷山雅計

1961年大阪府生まれ。博報堂を経て1997年谷山広告を設立。主な仕事は東洋水産「マルちゃん正?」、資生堂「TSUBAKI」、東京ガス「ガス・パッ・チョ!」、新潮文庫「Yonda?」、ユニリーバ「採用の履歴書から顔写真をなくします。」など。主な著作に『広告コピーってこう書くんだ!読本』『広告コピーってこう書くんだ!相談室』(宣伝会議刊)。

電通
エグゼクティブクリエイティブディレクター/CMプランナー
東畑幸多

1999年に電通入社。「右手にロマン。左手にソロバン」をモットーに、企業や商品のブランディングを手がける。主な仕事 サントリー天然水、Honda企業広告、日清チキンラーメン、九州新幹線全線開業「祝!九州」など 主な受賞 クリエーターオブザイやー、ACCグランプリ、TCCグランプリ、ADC、Cannes Lions GOLDなど。

フリーエージェント
コピーライター/クリエーティブディレクター
中村 禎

1957年生まれ。JWトンプソン、サン・アド、電通を経て2016年フリーエージェント・コピーライターとして独立。TCC最高新人賞、TCC賞、TCCグランプリ、ほか多数。著書に『最も伝わる言葉を選び抜くコピーライターの思考法』(宣伝会議刊)がある。

福本ゆみ事務所
コピーライター/ディレクター/俳人
福本ゆみ

福本ゆみ事務所にて、主にラジオCMの企画制作、テレビCMの企画を手がける。ACCグランプリ、電通賞、JAA賞などを受賞。句集「汽水」で、自費出版文化賞受賞。https://www.fukumotoyumi.com/

POOL inc.
コピーライター
安路 篤

2020年、大広を退社し、POOL inc.へ。コピーライティングを主軸に、ネーミング、企画、ブランディングなど。主な仕事、テイジン、近鉄、WOWOW。TCC賞、NY ADC賞、クリオ賞、ロンドン広告賞、日経広告賞ほか。広告系、IT系企業、大学などで、コピーの講座やってます。

コトバ
クリエイティブディレクター/コピーライター/関西大学社会学部教授
山本高史

1961年生まれ。TCC最高賞、TCC賞、クリエイター・オブ・ザ・イヤー特別賞、ADC賞など受賞多数。著書に『案本』、『伝える本。』、『広告をナメたらアカンよ。』、小説『リトル』、『ここから。』(共著)など。近著は「伝わるしくみ」。

BORDER inc.
クリエイティブディレクター/CMプランナー
横澤 宏一郎

博報堂を経て、2016年BORDER inc.設立。主な仕事に、リクルート「SUUMO」、日野自動車「ヒノノニトン」、アトラエ「転職サイトGreen(滝藤賢一)」、大正製薬「リポビタン(木村拓哉)」、JT「スーシャルディスタンス」、LIXIL本木雅弘、UHA味覚糖「ぷっちょ」、ZOZOTOWN、PlayStationなど

博報堂クリエイティブ・ヴォックス
コピーライター/クリエイティブディレクター
吉岡 虎太郎

1992年博報堂に入社し、現在は博報堂クリエイティブ・ヴォックス所属。日本コカ・コーラやかんの麦茶、スズキ自動車ハスラー、ミツカン鍋つゆ、レディースアートネイチャー、花王ビオレ、リクルート、朝日新聞、トヨタ自動車、リプトン、ロフトなどを担当。TCC審査委員長賞、日経広告賞最優秀賞、JR東日本ポスターグランプリ優秀賞など受賞。

(敬称略・五十音順)


審査員

CHERRY
コピーライター
青木一真

三重県津市出身。ADKに入社後、6年間営業職を経験し、クリエイティブへ。コピーライターとして、マス制作や統合キャンペーンを担当。人や社会の本質を捉えたコピーライティングを起点に、マスからデジタル、PRまで多面的な施策展開を得意とする。2018年、世の中とブランドの最適な「関係づくり」を標榜する「CHERRY」を設立。ACCゴールド、朝日広告賞、新聞広告賞、TCC新人賞など、受賞多数。

赤城廣告
コピーライター
赤城廣治

コピーライター。1966年生まれ。最近の主な仕事に、熊本市流STAYHOME「籠城じゃ。」、横浜DeNAベイスターズC.I.スローガン「心を打つ野球。」、SOMPOケア「子どもの頃の楽しい思い出も、認知症であることも、その人のたいせつな人生だから。」「こころの真ん中に、介護プライド。」、東武鉄道「『帰りたい』は、『会いたい』です。」。TCC審査委員長賞、TCC新人賞ほか受賞。

ガリアーノインスピレーションズ
クリエーティブディレクター
阿部光史

クリエーティブディレクター、CMプランナー、コピーライター。主な仕事に、「どうする?アイフル!」CMシリーズ、アニメ「豆しば」CD、安川電機「YASKAWA BUSHIDO PROJECT」、家庭教師のトライ、キリン、P&G、コロプラ、Twitter、American Expressなど。Cannes Lions、NYfes、Spikes、TCC、ACC、文化庁メディア芸術祭、BOVAなど受賞。

電通 関西支社
クリエーティブディレクター
池田定博

大日本印刷、ガル・デザイン・システムを経てCMプランナーに。ACCラジオグランプリ、作詞作曲家賞ほか受賞。TCC、OCC会員。

インプロバイド
コピーライター
池端宏介

1978年北見市生まれ。「ブランドのファンを育てる」「採用の応募者を増やす」「商品をもっと売る」「地元の価値を際立たせる」などの課題に対してコトバの力とデザイン思考で解決を提案します。上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒業。インプロバイド在職。フリーのコピーライターや講師として働く。中高・大学生向けに「地域とデザイン」「キャッチコピーをつくってみよう」をテーマにワークショップもします。

電通
コピーライター/クリエーティブディレクター
石田文子

最近の仕事にユニクロ・フリース2020「去年とは違う冬」、アクエリアス「見えない「がんばれ」が詰まってる。」、シチズンxC「なにかを始める時が、その人の春だと思う。」、明治「POWER!ひとくちの力」、JR青春18きっぷなど。宣伝会議賞金賞、ACCジャーナリスト賞、アドフェスト、スパイクスアジア金賞など受賞多数。著書に『小さなキミ』(小学館)。「こどもの視点ラボ」代表。

BBDO J WEST
コピーライター/クリエイティブディレクター
今井美緒

シャボン玉石けん、フンドーキン醤油など主に九州のクライアントを中心に、アウトプットのジャンルを問わず様々なコミュニケーション作りに携わる。TCC賞、ACC賞、FCC賞、ADFEST、EFFIEなど。

サン・アド
コピーライター/クリエイティブディレクター
岩崎亜矢

主な仕事に、商業施設「GINZASIX」ネーミング、ツインバード「ぜんぶはない。だから、ある。」、村田製作所「恋のドキドキだって、いつか、電気をおこすだろう」「この奥さんは、介護ロボットかもしれません」、JINS「私は、軽い女です/軽い男です」、ハンバート ハンバートのクリエイティブディレクションなど。「檸檬」の作詞や、『僕はウォーホル』『僕はダリ』(パイインターナショナル)など翻訳本の監訳も。

電通
コピーライター
上田浩和

電通第4CR所属コピーライター。KIRIN、静岡新聞SBS、宝島社、SMBC、あいおいニッセイ同和損保などを担当。TCC賞、TCC新人賞、ACC賞、電通賞など受賞。

UENO JAPAN
クリエイティブ・ディレクター
上野達生

「在り方を再定義し続ける」ことが基本理念。広告、ブランディング、地方地域創生事業、サービスプロデュースなどコミュニケーション業。2010/2014 クリエイター・オブ・ザ・イヤー メダリスト、2015全日本広告学会賞、TCC賞、K-ADC・FCC・CCNグランプリ、WARC Gold、Effie Awards Gold、ADFest Silver、国内外広告賞受賞200以上。

ぱんだのて
コピーライター/クリエイティブディレクター
占部邦枝

福岡生まれ。西南学院大学文学部卒業。建設会社、広告制作会社、西鉄エージェンシーを経て、2021年5月フリーランスに。最近の仕事に西鉄ホテルグループ、西部ガス、タンスのゲン、富士家などがある。福岡広告協会賞、FCC賞、TCC新人賞、TCC審査委員長、ACC賞、宣伝会議賞銅賞など受賞。

O
コピーライター/クリエイティブディレクター
呉 功再

博報堂を経て、2013年O設立。主な仕事:SEGA「せがた三四郎、セガサターンシロ!」TCK「1チャック!2チャック!!3チャック!!!」日清製粉RUN「世界一愛してくれる人が、世界に一人いれば、幸せです。」コニカミノルタ「11人のロナウジーニョ」トヨタVOXY「男旅」アサヒ スーパードライ「ファンがいる。ファンに応える。」SUZUKIワゴンR「あたらしいたのしいが、R」など。

電通 中部支社
クリエーティブディレクター
大塚久雄

1980年生まれ。2005年電通入社。2013年から中部支社勤務。TCC新人賞、ACC賞、広告電通賞フィルム広告最高賞、消費者が選んだ広告コンクールデジタル部門グランプリ、FCC賞など受賞。

藤田学園
広報部長
岡本達也

電通のクリエーティブを経て、藤田学園の広報部長に就任。コロナと戦う藤田医科大学病院、先進的な研究開発に携わる藤田医科大学の正しい姿をお伝するために、日々情報発信をしている。

電通 中部支社
クリエーティブディレクター/コピーライター
尾崎敬久

1970年生まれ。主な仕事に、東邦ガス(いるからっこ)、マルサンアイ(マルサン豆乳MP3プレーヤー)、愛知県(人権週間)、パルコ、平安閣(マリエール)ほか。リクルート、大広を経て2005年より現職。受賞歴はTCC新人賞、CCN賞、FCC賞、OCC賞、ACC賞、広告電通賞、アイチアドアワード、鈴木三郎助地域クリエイティブ大賞優秀賞、カンヌライオンズ、アドフェスト、ワンショー、ロンドン国際広告賞など。

サン・アド
コピーライター/クリエイティブ・ディレクター
笠原千昌

人と人の間をつなぐ、しあわせな仕事に携わらせてもらっている。主な仕事にSUNTORY ウイスキー、天然水、ワインなど。一丸ファルコス、unlock。王子サーモンなどなど。サン・アドの文具ブランド・ブンケンの『おさんぽBINGO』『おこさまBINGO』企画。『自分のまちの「おさんぽBINGO」をつくろうプロジェクト』。TCC新人賞、ACC賞、NY ADC賞、日経広告賞、朝日広告賞など多数。

フリーランス
コピーライター
片桐義晴

コピーライター。1959年静岡市生まれ。静岡コピーライターズクラブ会員、今年で12回目となる「SCCしずおかコピー大賞」キャプテン。地元静岡に育ててもらった恩をコトバで返そうと、今日もペンを走らせています。

電通
コピーライター/CMプランナー
勝浦雅彦

ぜに屋本店、東芝LED、ラグビー W杯CM等。コピーにLOFT「去年より、恋がうまくなった。なんだかつまらない」大牟田スイミング「お母さんの声援が聞こえるから、息つぎが好き」自殺予防週間「明日も、「ただいま」を聞かせてください」お仏壇のコガ「お母さん、お母さんになったよ」TCC賞、ADFEST FILM最高賞、CannesLions、クリエイターオブザイヤーメダリスト等受賞。「つくる人の会」主催。

博報堂
クリエイティブディレクター/CMプランナー
川島章弘

1971年生、東京大学文学部卒。主な仕事に、小学館九十歳何がめでたい/ACCMEゴールド・フィルムシルバー、第一三共ヘルスケアクリーンデンタル/ラジオCMゴールド、近畿大学ぶっ壊すシリーズ/毎日広告デザイン最高賞、J:COMざっくシリーズ、キンチョープレシャワーなど。第45回佐治敬三賞、ギャラクシー賞、TCC新人賞など受賞。

博報堂
クリエイティブディレクター/CMプランナー/コピーライター
河西智彦

一橋大学卒。売上増と表現を両立する統合CD。幸楽苑「2億円事件。」、ソフトバンク「工事がいらない」、ひらかたパーク、姫路セントラルパーク「日本一心の距離が遠いサファリパーク」、ベイクを買わない理由100円買取CP、スペースワールド閉園CPなど。カンヌ金賞、ACC金賞、電通賞最高賞、TCC賞、地方CCグランプリ4回など。クリエイター・オブ・ザ・イヤーメダリスト。著書「逆境をアイデアに変える企画術」

日本デザインセンター
コピーライター
川原綾子

無印良品、Asahi、Osaka Metroなど人の暮らしに根ざした企業
をこれまで多く担当。CI/VI開発等にも数多く携わっている。また最近は「ジャパンブランドフェスティバル」や「足立ブランド」など地域案件にも積極的に取り組んでいる。朝日広告賞、毎日広告デザイン賞、TCC新人賞など受賞。

博報堂
クリエイティブディレクター/CMプランナー
神田祐介

クリエイター・オブ・ザ・イヤー、ACCフィルム部門グランプリ、NY Festival最高賞/Filmグランプリ、SPIKES ASIA Film/Film craft部門グランプリ、TCC賞、ACC小田桐昭賞など受賞。最近の仕事に連続10秒ドラマ「愛の停止線」、ドラマ「きのう何食べた?」企画監修、SmartHR、マンダム「LUCIDO」、TVer「テレビトーク」など。

かんべ笑会
コピーライター/コミュニケーションプランナー/クリエイティブディレクター
神戸 海知代

TCC会員、九州ADC会員、JAPAN MENSA会員。かんべ笑会を福岡で開業する。クライアント直の案件も、広告代理店や制作会社と連携する案件も、たのしく向きあう毎日。最強のクライアントは、息子そーすけ。ぐいパン「パンツは、よごれるためにある。」、ふくや「また、送ってね。と言ってほしいから。」など制作。TCC新人賞、日本雑誌広告賞・経済産業大臣賞、消費者のためになった広告コンクール・金賞など受賞。

電通 関西支社
統括クリエーティブディレクター
絹谷公伸

リクルートを経て電通東京本社へ途中入社。電通ダイバーシティ・ラボ、電通クリエーティブ塾関西塾長、ACジャパン大阪制作委員、大阪広告協会委員、日本広告学会会員、大阪芸術大学客員教授。

GYOKU
アートディレクター
久田友太

1982年、沖縄生まれ。GYOKU CEO、GUILD OKINAWA 取締役。2015年、沖縄のクリエイターズクラブ、ocy(オキー:Okinawa Creators Yui)会長に就任。2019年、PARTYとGUILD OKINAWAと共に、沖縄のクリエイティブを拡張するGYOKUを設立。2020年、沖縄を豊かにするクリエイティブサークル、OOKINAWA発足、会長に就任。

大広九州
クリエイティブディレクター/コピーライター/CMプランナー
國武秀典

三共リゲイン「ウィークデイは、日曜の夕方あたりから始まっている。」、江崎グリコ牧場しぼり「新鮮はおいしい。」、AC「言葉は弾丸にもなる。」、セイカ「ポケットの中のタイムマシーン。」、読売西部IS「チラシのあとの静けさ。」、世界水泳福岡「水しぶきまで美しい。」、宮崎県「食に感謝する時代は終わったのですか?」等。TCC新人賞、ACC賞、電通賞、ギャラクシー賞、クリエーターオブザイヤーメダリスト等受賞。

Creative Project Base
クリエーティブ・プロジェクト・ディレクター
倉成英俊

電通で多数広告を制作後、そのスキルを拡大応用し、大/小/官/民/公/私を問わず、日本発世界初、の様々な案件をリード。超適材な人材でチームを組み、新しい価値観を体現する多様なプロジェクトを実現する。2014年電通Bチーム設立。2015年アクティブラーニングこんなのどうだろう研究所設立。昨年7月1日、プロジェクト専門会社、Creative Project Baseを創業。

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

『今年もやります!』「宣伝会議賞」中高生部門は応募受付中
学生限定!チームで挑む「宣伝会議賞」参加募集中
第59回「宣伝会議賞」最終審査員・一次審査員を紹介!(この記事です)
2名の審査員が選定!「グランプリ of グランプリ」はどの作品?
通過率は驚異の1% 最初の壁「一次審査」を突破する方法とは?
宣伝会議賞は、「課題」が違えば「答え」も違うことを忘れないように
第59回「宣伝会議賞」10月1日より作品募集開始!
宣伝会議賞カウントダウン企画!受賞者オンライン座談会
「いつか必ずグランプリを」初志貫徹で掴んだ前代未聞のダブル受賞
第58回「宣伝会議賞」ファイナルレポート─審査講評(2)
第58回「宣伝会議賞」ファイナルレポート─審査講評(1)
『素晴らしいコピーをありがとう』「宣伝会議賞」受賞者に贈る言葉

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する