広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

「いつか必ずグランプリを」初志貫徹で掴んだ前代未聞のダブル受賞

田中貴弘さん

第59回「宣伝会議賞」の応募が10月1日から始まります。今回はカウントダウン企画と題し、前回の「宣伝会議賞」でグランプリ、コピーゴールドをダブルで受賞した田中貴弘さんに話を聞きました。前代未聞のダブル受賞の裏にあったエピソードとは。

20年目の応募 これでダメならやめようと思った

──「宣伝会議賞」に応募したきっかけは?

私は普段からコピーライターとして働いています。「宣伝会議賞」の存在を知ったのは、まだ駆け出しの頃の20年前。きっかけは当時、指導を受けていた恩師に応募を勧められたことでした。

初めてチャレンジしたときの応募作品数は60本程度。その頃の「宣伝会議賞」の応募総数は、まだ5万本くらいだった記憶があります。それが今や応募総数が60万超なんて…。こんなたくさんの作品の中から選出いただいたので20年間、毎年欠かさず応募を続けてきてよかったと心から思っています。

──なぜ20年間、応募を続けられたのでしょうか。モチベーションの源泉は?

私にとって「宣伝会議賞」は必ず獲りたい賞だったことが、継続して応募する大きなモチベーションになっていました。とは言え、20年も続けていると、やはりやめようと思ったこともあります。実は5年前の第53回「宣伝会議賞」でファイナリストに選出されたことがあり、当時は、もうこれ以上の成績を残すことはできないのではないかと、少しモチベーションが下がったことがありました。その後は一次審査通過作品も増えず、“頭打ち”の状況になってしまいましたね。

そんなときに、第53回のファイナリスト仲間だった林次郎さんが第55回「宣伝会議賞」グランプリを受賞されたのを見て、自分もまだ頑張れるのではないかと考えを改めました。身近な人から刺激を受け、応募当初から掲げていた「いつか必ずグランプリを」という...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

「いつか必ずグランプリを」初志貫徹で掴んだ前代未聞のダブル受賞(この記事です)
第58回「宣伝会議賞」ファイナルレポート─審査講評(2)
第58回「宣伝会議賞」ファイナルレポート─審査講評(1)
『素晴らしいコピーをありがとう』「宣伝会議賞」受賞者に贈る言葉
議論が白熱した最終審査会 審査員に聞く「宣伝会議賞」講評
通過率は0.004% 第58回 「宣伝会議賞」ファイナリスト選出作品
第58回「宣伝会議賞」 グランプリ受賞者がついに決定
最も多く一次審査を通過した学校は? 激戦を勝ち抜いた3校を紹介
第5回「中高生部門」の受賞作品が決定!(2)
第5回「中高生部門」の協賛企業賞が決定!(1)
第5回「中高生部門」 栄えあるグランプリを受賞したのは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する