広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

第59回「宣伝会議賞」10月1日より作品募集開始!


広告界で活躍する一流のコピーライターや、糸井重里氏・林真理子氏といったプロの書き手を多数輩出してきた「宣伝会議賞」。

今年で第59回を迎える当賞は、「コピーライターの登竜門」として長年にわたり、若手のクリエイターやクリエイターを目指す方々の飛躍の機会となってきました。

「宣伝会議賞」がスタートしたのは1962年。月刊『宣伝会議』(1954年創刊)の通巻100号を記念して創設されました。当初は数百点単位だった応募総数も近年は大幅に増加傾向にあり、前回(第58回)は61万点以上の作品が寄せられるなど、“日本最大規模の広告賞”となっています。

「宣伝会議賞」には2つの特徴があります。ひとつは、協賛企業の協力により、実際に存在する商品・サービスあるいは企業を課題としていること。もうひとつが、プロ・アマを問わず応募できるコンペティションであることです。毎年、広告業務に携わっている方、今後携わっていきたい方を中心に、近年は学生や主婦の方など広告界以外の方々からも多くの応募をいただいています。

また第54回からは、現役中学生・高校生に応募資格を絞った「中高生部門」を新設し、昨年は過去最高の5万353点の作品が集まりました。

クリエイティブ能力に自信のある方も、力を試してみたい方も、自分の新たな可能性を発見するチャンスです。

□応募方法

□当賞の趣旨

若手コピーライターの啓発、ならびに人材の発掘・育成やコピーライターの意識の向上を目的に開催しています。課題の...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

『今年もやります!』「宣伝会議賞」中高生部門は応募受付中
学生限定!チームで挑む「宣伝会議賞」参加募集中
第59回「宣伝会議賞」最終審査員・一次審査員を紹介!
2名の審査員が選定!「グランプリ of グランプリ」はどの作品?
通過率は驚異の1% 最初の壁「一次審査」を突破する方法とは?
宣伝会議賞は、「課題」が違えば「答え」も違うことを忘れないように
第59回「宣伝会議賞」10月1日より作品募集開始!(この記事です)
宣伝会議賞カウントダウン企画!受賞者オンライン座談会
「いつか必ずグランプリを」初志貫徹で掴んだ前代未聞のダブル受賞
第58回「宣伝会議賞」ファイナルレポート─審査講評(2)
第58回「宣伝会議賞」ファイナルレポート─審査講評(1)
『素晴らしいコピーをありがとう』「宣伝会議賞」受賞者に贈る言葉

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する