広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本

プラットフォームの特性を生かす!企業SNS活用の秀逸事例

SNSを活用してユーザーとコミュニケーションを行うためには、テキスト、動画、画像などを最適化し、文脈に沿ったクリエイティブが必要です。各プラットフォームの特性を生かした、企業SNS投稿の事例を紹介します。

    Case 01 lojus
    「MAPUTI」


    MAPUTIは女性向けのデリケア商材です。デリケアに関しては、悩みがあっても誰に相談すればいいかわからないパーソナルなジャンルであるため、昨今、匿名で利用できるTikTokではデリケアの投稿や相談コメントなどが増え、メディア内では需要が高まっていました。そんなTikTokにて長期間、継続的に様々な手法で広告配信をした結果、若年層の中で話題性が高まり、公式サイトへのアクセスが一時通常時の10倍の実績が出ました(木原氏)。

    Case 02 新国立劇場
    「斬られの仙太」

    新国立劇場の演劇/2021年2月26日投稿より。


    戯曲を読むか、実際に観ないとわからない演劇のストーリーを、人物相関図としてわかりやすく投稿している新国立劇場の演劇アカウント。担当者の情熱が伝わってきます(洞田貫氏)。

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する