広告マーケティングの専門メディア

2030年 人口動態の変化を見据えた新市場開拓の戦略

家族の在り方はどうなる? 単身世帯の増加がもたらすライフスタイル変化

国立社会保障・人口問題研究所が公表した世帯数の将来推計によると、日本の総人口が減少する一方で、世帯総数は増加し続けている。小規模な家族構成、とくに単身者の増加が顕著となっていく、いわゆる「ソロ社会」への変化をデータで見ていく。

総世帯数は2023年まで増加 3分の1以上が単独世帯

国立社会保障・人口問題研究所によると、日本の総世帯数は2023年まで増加し続けると推計されている(【図1】)。「夫婦のみ」「夫婦と子」「ひとり親と子」のいわゆる核家族の割合が高いことは言うまでもないが、総世帯数を押し上げているのは世帯人員が一人の「単独世帯」であることがわかる。2015年の時点で総世帯数に対する単独世帯の割合は34.5%、すでに3分の1以上に達している。2030年には、この割合は37.9%に上昇する...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2030年 人口動態の変化を見据えた新市場開拓の戦略の記事一覧

2030年 人口動態の変化を見据えた新市場開拓の戦略の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する