広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

「スシロートレイン」を導入 山手線を世界一大きな回転すしに

スシロー「山手線全駅出店プロジェクト」キャンペーン

「山手線全駅出店プロジェクト」として、より一層の都心部への出店の強化、並びに出店地募集を加速させるための取り組みのひとつとして、駅ホームドアで"スシローのカウンター席"を再現した広告を展開。また、5月19日からは全面おすしラッピングを施した「スシロートレイン」を走らせた。

リアルモーメントに着目し 山手線を「巨大回転すし」に

回転すし最大手のスシローは5月16日よりJR山手線の電車、駅ホームドアが巨大回転すしになる交通広告を開始した。本キャンペーンは、「山手線全駅出店プロジェクト」と題し、都心部への出店強化や出店地募集を加速させるための取り組みとして、駅ホームドアで"スシローのカウンター席"を再現した広告をJR山手線内22駅で展開。5月19日からは全面おすしラッピングを施した「スシロートレイン」も導入し、駅のホームで電車を待っていると目の前に巨大なすしが到着するように見える仕掛けにした。

本キャンペーンの企画に際し、スシローグローバルホールディングス コミュニケーション企画推進室の松川貴明氏は、「リアルモーメントに着目した」と話す。「外食の場所を考えるタイミングに、インパクトのあるコミュニケーションでスシローを印象づけることができれば、確実に"おすしの口"になり、スシローに来てくれるのではないかと考えました」(松川氏)。

スシローがこうしたOOH広告を展開するのは異例のことだ。そもそもスシローの販促は、月に約2本のテレビCMが中心。またPR戦略によりテレビ番組やWebニュースに取り上げられることも多く、PRだけでも多くの露出量がある。それにもかかわらず、松川氏は「都心強化を目的にした場合、これまでにないインパクトのあるコミュニケーションが必要だった」と話す。

こうして...

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーン の記事一覧

KIRINシンボルの意味を伝える お絵描き一本勝負!
ピルクルとコラボ企画第2弾 HIKAKINが子どものヒーローに
肌の悩みに寄り添う「ビューネくん」 目指したのはユーザーとの対話性
「スシロートレイン」を導入 山手線を世界一大きな回転すしに(この記事です)
スニッカーズ お腹がへったアイドルたちを楳図かずお氏が描き下ろし
「料金÷(展示数×体験)=思い出」 シーパラがコスパ最高宣言!
「ごきげんよう」コンビが復活!『ゾンビ臭』から世界を救う
『挑戦し続ける人』本田圭佑さんとペプシをかけた「じゃんけん勝負」
オリックスが「やる気MAX!」でがんばる人々を新CMとTwitter企画で応援
「『カラダカルピス』500」映画祭 機能説明を4人の監督が映画化
靴ずれのない就職活動を提案「#スニ活」で就活生を応援
都内の住所1-1-1に出現した『TOKYO1-1-1CAFE』
「チーズおかき」愛をラップに バーチャルYouTuberとコラボ
「スキパニスマイル」で世界中の人々を笑顔に!江崎グリコの新・企業広告

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する