広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

肌の悩みに寄り添う「ビューネくん」 目指したのはユーザーとの対話性

日本メナード化粧品「聞いてよビューネくん」

6月10日からはテレビCM「聞いてよビューネくん 化粧のり」篇、「聞いてよビューネくん 肌荒れ」篇の全国放映を開始。女性の肌に寄り添い、前向きになれるよう応援してくれる内容になっている。「薬用 ビューネ<医薬部外品>」シリーズのイメージキャラクター「ビューネくん」には、2017年以来3年目となる竹内涼真さんが起用された。

テレビにTwitter 多様なチャネルを活用

日本メナード化粧品は、女性が抱える肌の悩みに対して、イメージキャラクター「ビューネくん」がTwitterの動画内でアドバイスを返してくれる新企画「聞いてよビューネくん」を6月1日より開始。続く6月10日からはテレビCM「聞いてよビューネくん 化粧のり」篇、「聞いてよビューネくん 肌荒れ」篇の全国放映を開始した。

メナードは、2017年展開の「みんなで選ぶビューネくん」や、2018年展開の「24時間ビューネくん」など、リニューアル以来、「薬用ビューネ」のプロモーションで、メインターゲットである20代から30代の女性の多様化するメディア環境に合わせ、ビューネくんの"前向き"なメッセージを楽しめる仕組みにチャレンジしてきた。

今年は新たな試みとして、Twitterの動画で悩み相談ができる「Twitterで聞いてよビューネくん」と「ライブ配信で聞いてよビューネくん」という2つの施策に挑戦。ユーザーそれぞれの肌の悩みに対してビューネくんが寄り添ってくれる内容になっている。

博報堂 第二クリエイティブ局 インタラクティブデザイン部の湧川晶子氏は、テレビCMやTwitter動画、ライブ配信など多彩なチャネルでプロモーションを実施した理由について、「『肌の調子に悩んだときには、薬用 ビューネ』というメッセージを浸透させたいと考えました」と話す …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する