広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

「料金÷(展示数×体験)=思い出」 シーパラがコスパ最高宣言!

横浜八景島「横浜・八景島シーパラダイス」『コスパっ景島シーパラダイス』

横浜八景島はゴールデンウィークに向けて、テレビショッピング風のテレビCM「コスパっ景島シーパラダイス」を4月19日より公開した。

ゴールデンウィークに向けてコスパを訴求したCMを制作

横浜八景島はゴールデンウィーク(GW)向けに、テレビショッピング風のテレビCM「コスパっ景島シーパラダイス」を4月19日より公開した。また、あらゆるシチュエーションから「3,000円」「コスパ」を訴求するWeb CMも開始。"「料金÷(展示数×体験)=思い出」の計算式でコスパ最高宣言!"をアピールした。

横浜・八景島シーパラダイス(以下、シーパラ)は横浜市金沢区にある「海・島・生きもの」をテーマとした複合型レジャー施設だ。イルカやセイウチ、ホッキョクグマなど海の巨大生物から、チンアナゴなどの小型生物まで12万匹700種にも上る生きものが展示されており、海の動物たちのショーやペンギンとのふれあい体験など、他の施設にはない様々な体験を楽しむことができる場所として多くの人々から親しまれている。

看板商品には、水族館と遊園地が両方楽しめるワンデーパス(大人5,050円)と、テーマの異なる4つの水族館が楽しめるアクアリゾーツパス(大人3,000円)がある。

しかし、横浜八景島 営業推進部兼台湾水族館準備室の寺脇隆男氏は「過去数回の調査結果から浮かび上がったシーパラのイメージは、『郊外にあって都心からは遠い大きな水族館』というものや、実際はチケットが3,000円にもかかわらず『水族館のチケットが5,050円もして高い』といった誤認も含んだブランドイメージがありました」と話す。そのイメージを払拭したいとの思いから、本企画に至ったという。

寺脇氏らは「GW10連休でレジャー市場の活況も見込まれる中、世間に対し、1日楽しめて3,000円であることを伝えたい」とし、「GW限定のイベントや新展示など訴求したい対象は多数ありましたが、まずは広告の役割として、誤解を解いてWebサイトに来ていただくことに特化し、イベントなどの詳細情報はWebサイトで紹介する導線設計としました」と話す …

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーン の記事一覧

スニッカーズ お腹がへったアイドルたちを楳図かずお氏が描き下ろし
「料金÷(展示数×体験)=思い出」 シーパラがコスパ最高宣言!(この記事です)
「ごきげんよう」コンビが復活!『ゾンビ臭』から世界を救う
『挑戦し続ける人』本田圭佑さんとペプシをかけた「じゃんけん勝負」
オリックスが「やる気MAX!」でがんばる人々を新CMとTwitter企画で応援
「『カラダカルピス』500」映画祭 機能説明を4人の監督が映画化
靴ずれのない就職活動を提案「#スニ活」で就活生を応援
都内の住所1-1-1に出現した『TOKYO1-1-1CAFE』
「チーズおかき」愛をラップに バーチャルYouTuberとコラボ
「スキパニスマイル」で世界中の人々を笑顔に!江崎グリコの新・企業広告
コクヨ Twitter DM bot機能を活用したシミュレーションゲーム
「リポビタンD」と「カメ止め」コラボ 感謝を伝えるサプライズムービー
昭和?平成?それとも新元号「令和」? チョコボールが性格診断実施
ネスカフェが体験型「睡眠カフェ」オープン コーヒー飲み分けで良質な睡眠を
ジョージア がんばる人をテレビCMと「平成のフチ子」で応援

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する