広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本

情報は整理しないで高速でまとめる! 「情報インプット即アウトプット術」

河原塚 徹氏(ソニー・ライフケア)

今月のテーマ:企画の仕事に携わる人のための「情報収集・整理術」

日々、大量の知識と情報をインプットし、その情報から新たなインスピレーションを生み出すマーケターやクリエイターなど企画に携わる仕事においては、「情報の収集」はもちろん「整理」も重要な仕事と言えます。本特集ではマーケティング、広告クリエイティブの仕事において、広くアンテナを張り巡らせ、積極的に情報を収集し、アウトプットにつなげているマーケターとクリエイターが、それぞれの「情報収集・整理術」について解説します。

    企画の仕事に携わる人のための「情報収集・整理術」

  • 自ら新しい体験をし続けて、一次情報を増やす。
  • インプットと同時にアウトプット。瞬間に感じたことを記録し(Twitterでもメモ帳でも)、まとめて、人に話してみる。
  • 情報の整理はしない。一度、インプット・アウトプットをしておくと、大切なことは思い出せる。

日頃から情報をインプットして3つの能力を磨く

週明け月曜日、のんびり出社すると、部長が近づいてきます。「最近、若者のあいだでXXが流行しているらしい。うちはXXについてどう考えているんだ?」と(「部長」は、あなたの環境に合わせて、「社長」「CMO」「課長」「クライアント」などと読みかえてください)。

あなたはどう答えますか?
A:「XXですか。本格的な普及はこれからではないでしょうか」と、仕事を増やさないよう守備固め。
B:「XXをご存知なんですね!当社の課題を解決できる可能性があります。情報をまとめて報告します」と、前向きを通り越して前のめりなスタンス。

私は自他ともに認める「新しもの好き」なので、後者のBを選びます。部長が「XX」なる謎のバズワードに興味を持ったのは絶好のチャンス。数日のうちに企画書をつくります。

このXXは、少し前ならTwitterやFacebookなどのSNS、スマートフォンアプリ。最近ならInstagramやTikTokなどの新興SNS、MA(マーケティングオートメーション)あたりでしょうか。

早速、XXを調べようとしたものの、情報量が多くてどこから手をつけたらよいのかわかりません。そうならないよう、常日頃から情報をインプットし、整理しておこう、というのがこの記事の狙いです。

しかし情報のインプットはともかく、整理はしません。良くも悪くも、マーケティングの情報は年々増加し、もはや氾濫しています。Webの記事、専門誌、書籍、セミナー、展示会など、情報を集めるには時間がいくらあっても足りません。しかし、日常の情報への接し方を変えるだけで、報告書づくりや企画は簡単になります。そこで、大量の情報から高速にまとめるための「情報インプット即アウトプット術」を紹介します。

情報インプット即アウトプット術① 中国武術に学んだ「身体に通すこと」

「身体に通しておけば、大切なものは身体に残る」──情報インプット即アウトプット術は、中国武術の漫画からヒントを得ています。主人公の少年が、正式に武術の門人になったところ、多くの先輩たちがさまざまな武術を教えようとします。たくさんのことを覚えられないと混乱する主人公に、老師が2つのことを語りました。

(1)身体に通せば、大切なものは身体に残る。
(2)本質をつかめ。枝葉に惑わされるな。

〈出典:松田隆智原作、藤原芳秀作画の『拳児』(小学館)〉

武術の修練のように、マーケティング情報を身体に通すため、インターネットの情報発信やマーケターとの会話を組み合わせるのです。

マーケティングの情報が増大しているので、XXを常日頃からウォッチしていることは、まずありません。XXをさくっと調べられるよう、以下の3つの能力を磨くのです。それぞれ、企画を考えるうえで必要な情報に紐づいています。

(1)高速要約力:XXって要は何?誰のどんな課題を解決できるの?
(2)事例収集力:XXってほかの業界ではどう使われているの?
(3)ツッコミ対策力:XXのデメリットはないの?どれだけのコストがかかるの?

マーケティングの情報に日々接しているうちに、3つの能力がレベルアップするのが理想です。

情報インプット即アウトプット術② 新しい体験で一次情報を増やす

マーケティング情報を、まず一次情報と二次情報に分けます。
①一次情報(自分自身の見聞と体験):日々、目にするさまざまな企業によるマーケティング活動全般や消費者行動。
②二次情報(他者から得た情報):メディア経由、マーケター経由、自分の関係者経由。

まず、最優先すべきは一次情報。二次情報は他者を通した情報なので、他者の意図やフィルターの影響を受けています。私は自身で体験し、感じたことを重要視し、体験と同時にアウトプットします。

具体例を紹介します。2019年5月9日、牛丼の吉野家が「ライザップ牛サラダ」を発売しました。早速、お昼にいただき、TwitterとFacebookに投稿(※高速要約力がアップ!)。

Twitterはほとんど反応がなかったものの、Facebookではたくさんのいいね!をもらい、いくつかコメントもありました。

では、なぜTwitterとFacebookで反応が異なったのでしょうか? …

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する