広告マーケティングの専門メディア

           

ダイバーシティ時代を勝ち抜く 緻密ターゲティングと市場開拓

僧侶に、自衛隊員…ニッチな市場をさらに精緻にセグメント

マス中心の最大公約数的なアプローチから、市場をセグメントし、さらにはその中で自分たちの商品に興味・関心を持ってくれそうなコミュニティの発見、そのコミュニティ別の商品の使用シーン提案までを行う必要が生まれています。マーケティングの最前線では実際にどんな取り組みが始まっているのでしょうか。

(左)フィリップス エレクトロニクス ジャパン メンズグルーミング マーケティングマネージャー 藤井崇雅氏
(右)同 メンズグルーミング ジュニアマーケティングマネージャー 川西佐和氏

6段階のカスタマージャーニー、セグメント精緻化で二桁成長を実現

フィリップスは、多様な家電製品を扱うが、中でも特にニーズの多様化が顕著なのが、理美容製品。同社では「ヘアーカッター」「ヒゲトリマー」「シェーバー」「鼻毛トリマー」「ボディグルーマー」の5カテゴリーを男性向けに販売している。このうち主力商品のシェーバーのマーケティングを藤井崇雅氏が担当し、それ以外のグルーミング製品を、川西佐和氏が受け持つ。

マーケティングコンセプトとメディア戦略は、シェーバーとグルーミングで大きく異なる。

シェーバーでは、同社製品の特徴である「回転式」の優位性を啓蒙することを大きなテーマに、テレビを含むマスメディアを活用した360度の露出を意識。日本市場において多くのシェアを占める「往復式」シェーバーや、カミソリのユーザーを同社製ユーザーに誘引するため、「販売最大化に向けたカスタマージャーニー」の考え方を主張している。

同社の考えるカスタマージャーニーは …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ダイバーシティ時代を勝ち抜く 緻密ターゲティングと市場開拓 の記事一覧

ギャップ×森永製菓×ゴルフダイジェスト・オンラインが語る「企業と消費者のコミュニケーションの温度感」
DMP、CRMを活用 自社データを融合させて広告もカスタマイズ
デモグラ×モードで考えるスマホ時代のメディアプランニング
アドテクノロジーの世界で実現するターゲティングの新世界
LGBTとレインボー消費
セグメンテーションの定義をひっくり返すあきんどスシローのマーケティング戦略
ラーメン好きに、カメラ女子!? コミュニティ別に使用シチュエーションを訴求する
緻密なペルソナの設定で コミュニケーションの最適化を実現
僧侶に、自衛隊員…ニッチな市場をさらに精緻にセグメント(この記事です)
ニーズ多様化時代を生き抜くマーケターに必要なスキル

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する