広告マーケティングの専門メディア

           

ダイバーシティ時代を勝ち抜く 緻密ターゲティングと市場開拓

DMP、CRMを活用 自社データを融合させて広告もカスタマイズ

大里紀雄(マルケト ビジネスコンサルタント)

近年、日本でも導入企業が増えているマーケティングオートメーション(MA)ツール。コスト面から現実的ではなかった、パーソナライゼーションの実現を支援するツールとして期待が集まっている。さらにMAとCRMを連携させるなど顧客分析を緻密にするためのデータ連携も始まっている。テクノロジーの進化は、いまどのようなターゲティング、そしてパーソナライゼーションを実現させようとしているのか。

マルケト ビジネスコンサルタント 大里紀雄氏 
Googleアナリティクスを軸としたコンサルティングや、プライベートDMPの構築に長年従事。アドテクロジーの活用だけでなく、デジタルマーケティングの運用までを踏まえたコンサルティングを得意とする。

MAとCRMが連携 一気通貫で顧客を知る

企業内に散在している顧客データベース。そのデータを統合したいという要望は、増えていると感じます。マルケトのようなマーケティングオートメーション(MA)ツールは、リードを獲得し、育成するためのソリューションと思われているかもしれませんが、例えばマルケトはセールスフォースなどのSFAやCRMと連携をしています。MAと既存顧客のデータベースを統合させることで、データを一気通貫で見ることが可能になっています。

データベースが統合されると、より一人ひとりの顧客の動向を緻密に分析できるようになります。プッシュ型のメール配信のコンテンツの最適化はもとより、例えばユーザーが自社Webサイトを訪問した際、サイト内容を自動でカスタマイズすることも可能です。マルケトでも「Webパーソナライゼーション」というオプションの機能で、Webサイトのパーソナライゼーションを自動で実行する仕組みを提供しています。

消費者の視点で言うと、すでに申し込みをしている商品の割引の告知等が出てくると、ちょっと不愉快になりますよね。顧客の行動履歴、ステータスを理解した上で、適切なコンテンツを表示する。さらに人的営業も行うようなBtoB企業、保険や金融などのBtoCでも高額、比較検討型の製品・サービスでは …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ダイバーシティ時代を勝ち抜く 緻密ターゲティングと市場開拓 の記事一覧

ギャップ×森永製菓×ゴルフダイジェスト・オンラインが語る「企業と消費者のコミュニケーションの温度感」
DMP、CRMを活用 自社データを融合させて広告もカスタマイズ(この記事です)
デモグラ×モードで考えるスマホ時代のメディアプランニング
アドテクノロジーの世界で実現するターゲティングの新世界
LGBTとレインボー消費
セグメンテーションの定義をひっくり返すあきんどスシローのマーケティング戦略
ラーメン好きに、カメラ女子!? コミュニティ別に使用シチュエーションを訴求する
緻密なペルソナの設定で コミュニケーションの最適化を実現
僧侶に、自衛隊員…ニッチな市場をさらに精緻にセグメント
ニーズ多様化時代を生き抜くマーケターに必要なスキル

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する