広告マーケティングの専門メディア

           

ダイバーシティ時代を勝ち抜く 緻密ターゲティングと市場開拓

セグメンテーションの定義をひっくり返すあきんどスシローのマーケティング戦略

あきんどスシロー

あきんどスシロー 取締役執行役員 マーケティング本部長 森井理博氏

従来マーケティングのムダを省く

マーケティング戦略やターゲット選定において効率よく的確に顧客アプローチをするには、消費者をどうセグメンテーションするかが重要とされてきたが、この定義を真っ向からひっくり返す戦略が、購買というファクトをもとにバックキャストする、スシローのマーケティング手法だ。

「あきんどスシロー」は、1984年に創業。全国に419店舗、韓国に6店舗を展開する回転寿司チェーン店だ。大手回転すしチェーンでは唯一セントラルキッチンを持たず、店内で調理できるものを各店舗で仕込むなどの施策が功を奏し、2009年、2011年「日本版顧客満足度調査」において飲食業界で第1位の評価を得た実績を持つ。

こうした同社の躍進を支え舵とりしてきたのが、独自のマーケティング手法。2002年に導入した「回転寿司総合管理システム」は、すし皿の裏にICチップを取り付けて単品管理することで、各店舗での需要をリアルタイムに予測して、廃棄ロスを減らした画期的なシステム。職人の手腕やサービスが重視される飲食業界にITテクノロジーを持ち込んだことで、当時話題になった戦略だった。

「マーケティングの指標とは …

あと78%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ダイバーシティ時代を勝ち抜く 緻密ターゲティングと市場開拓 の記事一覧

ギャップ×森永製菓×ゴルフダイジェスト・オンラインが語る「企業と消費者のコミュニケーションの温度感」
DMP、CRMを活用 自社データを融合させて広告もカスタマイズ
デモグラ×モードで考えるスマホ時代のメディアプランニング
アドテクノロジーの世界で実現するターゲティングの新世界
LGBTとレインボー消費
セグメンテーションの定義をひっくり返すあきんどスシローのマーケティング戦略(この記事です)
ラーメン好きに、カメラ女子!? コミュニティ別に使用シチュエーションを訴求する
緻密なペルソナの設定で コミュニケーションの最適化を実現
僧侶に、自衛隊員…ニッチな市場をさらに精緻にセグメント
ニーズ多様化時代を生き抜くマーケターに必要なスキル

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する