広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

コミュニケーションチャネルの変化 LINEが前年比2倍と勢いを増す

エクスペリアンジャパン

エクスぺリアンジャパンは、「メール&クロスチャネルユーザー動向調査2016」を発表した。ユーザーが接するコミュケーションチャネルの最新利用実態をまとめている。調査によると、ユーザーが企業からの情報取得・閲覧に利用するメディアの割合は依然としてメールが最多で95.4%。次ぐLINEは対前年の約2倍の68%と急激な伸びを見せた。また調査の中で、LINEのスタンプ目的で追加した企業アカウントを登録後にブロックや削除したユーザーは30%を超える一方で、ブロックも削除もしていないユーザーも約29%存在するとの結果が出た。適切なコミュニケーションを実現すればLINEの企業アカウントも有効に活用できるメディアといえる。

あと44%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

インスタを楽しむ女性急増 SNSの位置づけも明確に
ブランドスローガン、社内浸透のむずかしさが浮き彫りに
コミュニケーションチャネルの変化 LINEが前年比2倍と勢いを増す(この記事です)
「ながら」食事 テレビは全体の5割超え
多様性がキーワード 2016バレンタイン事情
ハロウィンやバブルラン…「群れ」の新しいトレンドとは
サービス評価に厳しい日本 接点での個別対応を重視
今年は何がヒットする!?生活者が選ぶ2016年ヒット予想
「耐え忍んだ」2015年 増えた個人消費と動画視聴
「自分磨き」に何をする?年代によって磨く項目に差
“新しい大人世代”はライフスタイル創造に関心
「7割以上がSNS投稿を意識」写真に関心高い女子の実像
日米ともに「YouTube」が人気 アメリカではSVODが定着

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する