広告マーケティングの専門メディア

           

広告業界トピックス

新聞ニュースダイジェスト―18歳選挙権を機に新聞各社がPRに注力ほか

宮浦慎

18歳選挙権に大きな期待
新聞各社が若者PRに注力

2015年6月の公職選挙法改正により、18歳選挙権が実現する。これに伴い、主権者教育や家庭での政治や選挙をめぐる話題の中で、新聞の情報が用いられる可能性が高まっている。若者に新聞に触れてもらう機会を増やすチャンスだとして、新聞各社は選挙制度を分かりやすく解説した高校生向けの連載などに力を入れている。

福島民報社は、高校生向けの副読本「18歳 大人になる君へ─選挙のしくみ 基礎編」を作成し、希望する福島県内の高校に無料配布した。冊子は2015年6月から10月にかけて紙面で連載した選挙の仕組みや選挙運動のルールなどの「Q&A」全16回を採録。県内高校3年生100人を対象に、政治への関心の有無などを尋ねたアンケート結果も盛り込んだ。新聞は社会の出来事について考える際に役立つことを知ってもらい、新聞を読んでもらうきっかけにしてほしいとの狙いがあるという。

新聞協会は、投票の際の判断材料として新聞が魅力的なメディアであることを伝える冊子「選挙権を持つ君へ」の制作に取り組んでいる。明治大教授の斎藤孝氏と女優の吉本実憂氏(19)の対談をはじめ、選挙制度のポイントや投票に当たっての情報取集方法などを紹介する。A5判20ページカラー。3月末に刊行予定で、全国の新聞社を通じて高校などに配布される。

第6回「私の提言」コンクール
最優秀賞は“政治ポータル”

新聞協会が1月26日に発表した第6回「私の提言─明日の新聞広告・新聞ビジネス」の最優秀賞作品に「“政治ポータル”としての新聞社イメージの再構築と広告展開~ 18歳選挙権とネット選挙がもたらす可能性」が選ばれた。このことからも、新聞界の18歳選挙権に大きな期待を寄せていることがうかがえる。

最優秀作品は、政治の情報への入口となるような分かりやすさを意識した政治面の編集や ...

あと53%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

2月の注目ニュースは?広告界トピックス
ディズニーの動画配信サイト「Disney Life」の可能性
ユニバーサルイベントの成功がユニバーサルな社会づくりに貢献する
“実販売店”の販売促進のカギは営業員支援プロモーション
ゲームの世界観をリアルに置き換えた体験型プロモーション
新聞ニュースダイジェスト―18歳選挙権を機に新聞各社がPRに注力ほか(この記事です)
「テレビ微増、ラジオ微減」2016年度営業収入見通し
放送とは違う発展をするインターネット動画 「CES 2016」現地レポート
進むカレンダー化とニッチ化 イベントによるコト消費のかたち
プロモーショナル・マーケター認証資格試験 近年の受験者傾向について考える
初詣に来る人々を捉える 神社・寺でのOOHプロモーション
新聞ニュースダイジェスト 2015年日刊紙の発行部数ほか
初の7000億円越え NHK、2016年度予算
1月の広告界注目ニュース
12月の新聞業界ニュースダイジェスト ユーザーとの接点強化、各社の取り組み
2016年リオ五輪、民放テレビの主要放送種目が発表
インターネットにはもっとオトナの意見が必要ではないか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する