広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

多様性がキーワード 2016バレンタイン事情

江崎グリコ

江崎グリコは、2016年のバレンタイン事情を調査した。チョコにかける予定額の平均は3778.9円で昨年実績よりも252.3円アップ。相手別に何人にあげる予定か聞くと、男性は「女性の後輩」が最も多く11人、女性では「女性の友達」が11人となった。特定の人だけでなく、さまざまな人へ贈るのが特徴的となっている。チョコを贈り合うメリットを聞くと、全体の83.3%が「メリットがある」と回答。性別に見ると男性の4人に1人が …

あと54%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

「ながら」食事 テレビは全体の5割超え
多様性がキーワード 2016バレンタイン事情(この記事です)
ハロウィンやバブルラン…「群れ」の新しいトレンドとは
サービス評価に厳しい日本 接点での個別対応を重視
今年は何がヒットする!?生活者が選ぶ2016年ヒット予想
「耐え忍んだ」2015年 増えた個人消費と動画視聴
「自分磨き」に何をする?年代によって磨く項目に差
“新しい大人世代”はライフスタイル創造に関心
「7割以上がSNS投稿を意識」写真に関心高い女子の実像
日米ともに「YouTube」が人気 アメリカではSVODが定着
実は日本人は「行列嫌い」意識と行動のギャップが顕著に
人によってとらえ方に違い あなたにとっての「地元」とは!?
休日も意欲的に外出!消費のピークは土曜日に

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する