広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

字幕付きCMの普及はあるか

明石庸司

字幕付きCMの普及を検討する総務省「スマートテレビ時代における字幕等のあり方に関する検討会」(座長:多賀谷一照・獨協大学教授)は6月24日、最終会合で提言とロードマップ案をまとめ、7月3日に公表した。2015年春を目途に、字幕付きCMの本格運用に向けた次のステップに移行し、複数社提供枠でのトライアルを開始することを提言した。

来春から複数社提供に拡大提言

同検討会は今年1月に設置され、スマートテレビを活用した外国人向けの多言語のテレビ番組への字幕付与と字幕付きCMの普及について検討を行った。

字幕付きCMは、在京テレビキー5局を中心に2010年3月からトライアル放送を開始。日本民間放送連盟(民放連)は「トライアルにおける字幕付きCM素材搬入ガイドライン」を策定し、一社提供番組のタイムCMで放送を拡大している。これまでパナソニックやライオン、花王など10社程度がトライアルを実施している。

ただ、普及にあたっては…

あと78%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

ドコモグループがDMP事業開始他、ピックアップニュース
テレビとネットの境界で
新たなイベント産業展が開催
JPMプランニング賞が決定
電車や飛行機とのリアル連動
字幕付きCMの普及はあるか(この記事です)
W杯期間中の新聞社の取り組み
地域をマーケティングにより活性化
新聞広告にハイブリッド印刷他、新聞社の新たな取り組み
日本マーケティング大賞 表彰式
流通に迫る「オムニチャネル」という波
イベントの市場規模はどれくらい?
デジタルサイネージの最新形とは
オンライン動画広告の専門組織発足他、ピックアップニュース
SP業務こそ土台の『有る無し』が10年後を左右する
NHKとJC獲得の五輪4大会放送権は1100億円
テレビ市場外で増殖する「映像」
博報堂DYH、ニュース編集・制作の新会社設立他、業界ニュース

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する