広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

電車や飛行機とのリアル連動

オリコム 吉田勝広(デジタルサイネージコンソーシアム理事)

ホームに入る電車にシンクロさせた表現

img01

電車がホームに入って来ると、CanCamの人気モデル山本美月さんのスカートや髪の毛が揺れた。

5月23日から3日間、小学館は都営地下鉄大江戸線六本木駅のホームにあるデジタルサイネージで従来型の交通広告にはない表現にトライした。電車がホームに入って来ると、CanCamの人気モデルの山本美月さんのスカートや髪の毛が揺れるというものだった。地下鉄のホームでは、電車が入ってくると風が吹くが、これにシンクロさせたのである。静止画のポスター風にポーズを決めていた山本さんが、あたかもその場にいるような錯覚を覚える表現だ。夜になると服装を華やかなミニドレスに替えるなど、ファッション誌らしい時間に合わせた演出も行われた。

制作者によると、サイネージに音声センサーを付け電車の音ではなく、ホームに入ってくる直前に流れる「接近メロディー」の特定周波数を感知してプログラムが動作する仕掛けを作ったそうだ。しかも、連続して設置してあるサイネージごとに ...

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

ドコモグループがDMP事業開始他、ピックアップニュース
テレビとネットの境界で
新たなイベント産業展が開催
JPMプランニング賞が決定
電車や飛行機とのリアル連動(この記事です)
字幕付きCMの普及はあるか
W杯期間中の新聞社の取り組み
地域をマーケティングにより活性化
新聞広告にハイブリッド印刷他、新聞社の新たな取り組み
日本マーケティング大賞 表彰式
流通に迫る「オムニチャネル」という波
イベントの市場規模はどれくらい?
デジタルサイネージの最新形とは
オンライン動画広告の専門組織発足他、ピックアップニュース
SP業務こそ土台の『有る無し』が10年後を左右する
NHKとJC獲得の五輪4大会放送権は1100億円
テレビ市場外で増殖する「映像」
博報堂DYH、ニュース編集・制作の新会社設立他、業界ニュース

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する