広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

W杯期間中の新聞社の取り組み

宮浦慎

W杯で様々な工夫

7月14日(日本時間、以下同)に閉幕したサッカーワールドカップ ブラジル大会。12時間の時差があり、日本代表の試合は早朝あるいは午前に行われた。新聞各社は、当日付紙面が読者に届いた後に試合結果が確定するという状況下、いち早く届けるための様々な工夫を凝らした。

6月15日のコートジボワールとの初戦。試合開始は午前10時で終了は正午頃だった。スポーツ報知と日刊スポーツは試合終了後、結果を載せた即売用の速報版を発行、その日の内に熱戦の模様をいち早く報じた。同20日のギリシャ戦(午前7時開始)、同25日のコロンビア戦(午前5時開始)では、この2社のほか、スポーツニッポン、サンケイスポーツも同様の速報版を発行した。

一般紙は夕刊をはじめ紙面で大々的に伝えると共に、詳細データの速報や紙面に載っていないコンテンツの配信など、デジタルでの発信にも力を入れた。

「Jリーグ百年構想パートナー」としてスポーツ環境作りに取り組んでいるほか、日本代表戦マッチスポンサーを務めている朝日新聞社は、6月2日にW杯特設ページを開設。全出場チームの全選手のシュート数やパス成功率といったデータをリアルタイムで伝えた。このほか…

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

ドコモグループがDMP事業開始他、ピックアップニュース
テレビとネットの境界で
新たなイベント産業展が開催
JPMプランニング賞が決定
電車や飛行機とのリアル連動
字幕付きCMの普及はあるか
W杯期間中の新聞社の取り組み(この記事です)
地域をマーケティングにより活性化
新聞広告にハイブリッド印刷他、新聞社の新たな取り組み
日本マーケティング大賞 表彰式
流通に迫る「オムニチャネル」という波
イベントの市場規模はどれくらい?
デジタルサイネージの最新形とは
オンライン動画広告の専門組織発足他、ピックアップニュース
SP業務こそ土台の『有る無し』が10年後を左右する
NHKとJC獲得の五輪4大会放送権は1100億円
テレビ市場外で増殖する「映像」
博報堂DYH、ニュース編集・制作の新会社設立他、業界ニュース

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する