広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

NHKとJC獲得の五輪4大会放送権は1100億円

明石庸司

国内における全てのメディア放送権を獲得

NHKと日本民間放送連盟(民放連)で構成するジャパンコンソーシアム(JC)は6月19日、2018年から24年に開かれるオリンピック4大会の放送権の獲得について、国際オリンピック委員会(IOC)と合意したと発表した。放送権料の合計は1100億円という巨額の契約となっている。

放送権料の内訳は、2018年の平昌(ピョンチャン)冬季大会と2020年東京大会が合わせて660億円。2022年冬季大会と2024年夏季大会の合計で440億円。テレビ・ラジオ放送に加え、インターネットやモバイル端末への配信など、日本国内における全てのメディア権が含まれる。

放送権獲得にあたり、NHKの籾井勝人会長は「東京オリンピックはとりわけ視聴者の関心が高く、スポーツの祭典にとどまらず ...

あと78%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

新聞広告にハイブリッド印刷他、新聞社の新たな取り組み
日本マーケティング大賞 表彰式
流通に迫る「オムニチャネル」という波
イベントの市場規模はどれくらい?
デジタルサイネージの最新形とは
オンライン動画広告の専門組織発足他、ピックアップニュース
SP業務こそ土台の『有る無し』が10年後を左右する
NHKとJC獲得の五輪4大会放送権は1100億円(この記事です)
テレビ市場外で増殖する「映像」
博報堂DYH、ニュース編集・制作の新会社設立他、業界ニュース
メーカー営業の販促提案力は今
進化した街頭ビジョン
新聞各社が防災・減災サイト開設
W杯の次世代テレビ対応
コトラー来日、フォーラムレポート
W杯にみるマネジメント課題
ボランティアで音楽イベント参加「RockCorps」日本に上陸
国際化する吉本芸人とシリコンバレーの新たな結合

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する