広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

デジタルサイネージの最新形とは

オリコム 吉田勝広(デジタルサイネージコンソーシアム理事)

「渋谷デジタル花火大会」(ゴールド賞)スマホの画面に指を滑らせると、渋谷のQ'S EYEビジョンにデジタルな花火が打ち上がった。

サイネージに受信させる

6月11日、「デジタルサイネージアワード 2014」の 表彰式が行われた。国内のデジタルサイネージを使った表現の中から、優秀作品を選出し表彰することで、サイネージの市場をさらに活性化していくことを目指しており、今年で5回目になる。

今回の特徴は、受賞した9作品のうち7作品がデジタルテクノロジーを使ったインタラクティブな参加型・体験型デジタルサイネージだった点だ。デジタルサイネージが単なる看板ではなく、視認者とのコミュニケーションツールとしての意味合いを持たせたものになっている点に注目した。

ゴールド賞は、筆者が昨年10月号でも取り上げた「渋谷デジタル花火大会」だ。応募者は「一方的な「発信」メディアから生活者参加の「受+発信」メディアへと機能進化させた」としている。スマホの画面に指を滑らせると、渋谷の「Q'S EYEビジョン」にデジタルな花火を打ち上げるという「スマホ→サイネージ」の流れを街頭ビジョンで作った画期的な事例だ。「Web化の流れをいち早く取り入れており技術的にも優れている」「デジタルサイネージとして極めて完成度の高い作品」などと絶賛された。

自分が最高のコンテンツ

シルバー賞の1点は、プリントシール機で撮った写真がQ'S EYEに放映されるという「写パーン」が入った。これもサイネージに受信させる試みだ。海外旅行者の来街者数NO.1の渋谷で、観光地と言えば顔ハメ看板!ということで30パターンのプリクラフレームを用意して実施。実際、外国人の利用率が7割にもなった時もあったそうで、2020年のオリンピックイヤーにも期待されるサービスだ。

ブロンズ賞は、まず ...

あと53%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

新聞広告にハイブリッド印刷他、新聞社の新たな取り組み
日本マーケティング大賞 表彰式
流通に迫る「オムニチャネル」という波
イベントの市場規模はどれくらい?
デジタルサイネージの最新形とは(この記事です)
オンライン動画広告の専門組織発足他、ピックアップニュース
SP業務こそ土台の『有る無し』が10年後を左右する
NHKとJC獲得の五輪4大会放送権は1100億円
テレビ市場外で増殖する「映像」
博報堂DYH、ニュース編集・制作の新会社設立他、業界ニュース
メーカー営業の販促提案力は今
進化した街頭ビジョン
新聞各社が防災・減災サイト開設
W杯の次世代テレビ対応
コトラー来日、フォーラムレポート
W杯にみるマネジメント課題
ボランティアで音楽イベント参加「RockCorps」日本に上陸
国際化する吉本芸人とシリコンバレーの新たな結合

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する