日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

目的を明確にし必要な手法を選び取る!広報計画 2024

年間の広報計画の立て方 タイミングと手順、課題は?

広報計画の立案において、先々の予定が見通しにくいなどハードルは多い。他社の知見を参照し、成果を発揮できる広報計画づくりに役立てたい。

Q.年間の広報計画を立てていますか?



計画するタイミング・手順

●年度の予算を申請するタイミングで概要、年度がはじまって体制が確定してから詳細。メディアアタック、メディアキャラバン、プレスリリース配信タイミングと内容、社内マニュアルやガイドライン整備、ペイパブ検討・情報収集期、露出を狙いたいタイミングなど。計画進捗は週ごとに確認し、月・四半期ごとに見直し。(不動産/50~100人未満)

●期末(3末)直前に1年間の活動・実績を振り返った上で、管掌役員と「課題」の認識すり合わせ➡来期の広報全体の目標(状態・値)➡活動・実績KPI➡チームメンバーの目標設定をする。(金融/100~500人未満)

●理想論と市場の認識とのギャップを埋めるような広報を考える。基本的にBtoBは「課題設定➡製品でどのようにその課題を解決するか➡課題によって達成できる理想的な社会の姿」を伝えるのがセオリーだと思う。そもそも課題だと認知されていないのであれば、課題の提示から開始する。(IT・情報通信/50~100人未満)

●商品の発売や展示会や賞への応募などのスケジュールから...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

目的を明確にし必要な手法を選び取る!広報計画 2024の記事一覧

目的を明確にし必要な手法を選び取る!広報計画 2024の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する