日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

目的を明確にし必要な手法を選び取る!広報計画 2024

SNSやAIなどリスクの範囲が広がる中で危機への感度を高める仕組みを構築する

危機管理広報として意識しなければならないリスクの範囲が広がる現代、危機に備えた準備を行うことがますます重要となる。察知するためのモニタリングや対応策を整理したい。

危機管理広報

Check



☑ネット上での情報確認は日々行える体制か?
☑社内に危機管理広報の重要性は周知できているか?
☑他部門との役割の明確化ができているか?
☑経営層との連携はとれているか?
☑情報を発信する際のチェック項目は整理できている?
☑マニュアルは活用できる状態か?

リスク管理の所管部署はどこですか?(複数回答)

Q.広報担当部門・チームでリスク管理の研修を実施していますか?

Q.「炎上」と呼ばれる事態が発生した場合の対応マニュアルはありますか?

Q.広報担当部門・チームに危機管理広報マニュアルはありますか?

Voice



組織拡大に伴うリスク対応

これまでは優先順位は低かったが、組織拡大に合わせて発生するインシデントも変化する、また発生可能性も高まるのではと考えている。そのため、PR部門自体のスキルアップと社内教育などにも注力していきたい。(カミナシ 広報PRユニット宮地正惠さん)

管理体制の充実を

SNSでの情報拡散スピードが増し、追いきれていない現状。モニタリングの重要性を実感した年になった。(IT・情報通信/1000人以上)

電話で口にしたことが報道され…

メディアから急に電話がかかってきて、厳しい問いかけに根負けしてしまい、答えなくてもいいようなことを口にしてしまった。その結果、報道されなくてもよいことが報じられてしまったこと。それ以来、不祥事に関わる問い合わせがきたら、担当者が席を外しているので折り返す、と伝えると同時に記者の質問事項を全て聞き出し、危機管理委員会などと連携し会社の回答方針を整理してから電話をするようにしている。(NPO・NGO/50人未満)

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら
一覧

目的を明確にし必要な手法を選び取る!広報計画 2024 の記事一覧

110社の広報関連部門の実態とは?
リアルが回復しつつある中、新たな人脈・媒体発掘の検討を
社会の中での自社の価値を見つめ直し パーパスの浸透・実践を進める
年間の広報計画の立て方 タイミングと手順、課題は?
多様化するデジタルプラットフォーム 各メディアの目的や戦略は明確か
従業員エンゲージメントが重要視される一方、実行のためのリソース不足という課題も
社内外から共感を集める情報開示に向けて 実施に至るまでの戦略を検討する
SNSやAIなどリスクの範囲が広がる中で危機への感度を高める仕組みを構築する(この記事です)
情報の多言語展開を進めながら海外メディアへのアプローチ方法も検討
効果測定の新たな指標とは?進め方に変化はあったか
効果測定にまつわる悩み 現状の測定項目は?
効果があった施策と展望 目的に応じた手段を選び取る
広報業務の外部委託 成果と期待していることは?
注目の事象、社会の動きをチェック 広報カレンダー2024
年間計画に役立てたい!誌面で振り返る広報トレンド(1)
年間計画に役立てたい!誌面で振り返る広報トレンド(2)
コロナ禍を経てどう変わった?2023年PRイベントの傾向
連載企画から振り返る PRイベントに登壇した芸能人・タレント
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する