日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

目的を明確にし必要な手法を選び取る!広報計画 2024

社内外から共感を集める情報開示に向けて 実施に至るまでの戦略を検討する

企業価値の持続的な向上に向け、ESGへの取り組みも求められる昨今。人的資本などの非財務情報開示も注目される中で、広報計画では理解や共感を集める情報開示のポイントも見直したい。

Q.「ESG(環境・社会・ガバナンス)」といった非財務情報の開示を行っていますか?

Q.「人的資本」という言葉を知っていますか?

Q.「人権方針」を策定していますか?

Voice



●ビジネスの必須与件に

グローバルで展開しているビジネスのため、サステナビリティポリシーの実装は経営に直結する。つまり、実装されていなければ取引もできない状況。必須与件として取り組まなければいけないと考えている。(タカラベルモント 広報室 マネージャー 石川由紀子さん)

●人を起点とした情報を

人的資本経営の時代、社内情報を広報メンバーが汲み取り、“人を起点とした情報”を社内と社外に発信していくことに価値を見出していくため、マーケティング部ブランディングチームから...

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

目的を明確にし必要な手法を選び取る!広報計画 2024の記事一覧

目的を明確にし必要な手法を選び取る!広報計画 2024の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する