日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

目的を明確にし必要な手法を選び取る!広報計画 2024

従業員エンゲージメントが重要視される一方、実行のためのリソース不足という課題も

働き方の多様化に伴い、従業員エンゲージメント向上に注力する企業も増加。しかし、リアルでのコミュニケーションも回復する中で、社内広報にかけるリソースの配分に課題も生まれそうだ。

インターナルコミュニケーション

Voice

●リアルな交流で活性化

コロナ禍後、週1回の出社の中でリアル社内イベントに注力。ハイブリッドな働き方の中でどう社員同士のコミュニケーションをとるかを模索。出社日とイベント日を合わせるなど各自工夫してくれた。(トライベック 広報ユニット ユニットリーダー 今西あかりさん)

●従業員増に合わせて再構築

急激に組織が拡大し、サテライトオフィスや地方拠点の従業員が増加。多事業展開しているが部署間での情報共有ができていないため、社内イベントや社内ポータルなどを再構築する予定。(DONUTS 広報統括マネージャー 飯田真紀さん)

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

目的を明確にし必要な手法を選び取る!広報計画 2024の記事一覧

目的を明確にし必要な手法を選び取る!広報計画 2024の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する