日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

オフィスイノベーション

2フロアをつなぐ滑り台が エイチームの遊び心にあふれるオフィスに潜入

エイチーム

新しいアイデアや事業は、社内のコミュニケーションの場から生まれることも少なくない。こうした作用を生み出すスペースを設けている企業のオフィス哲学とは?

img01

社員間のコミュニケーションを活性化させるために、2フロアを大胆につないだ階段を設置。ちょっとした遊び心を演出する滑り台も設けており、これは社員向けのサプライズでもあった。ここを起点としたメディア露出が多い。

2015年12月に、創業以来7度目の本社オフィス移転を行ったエイチーム(名古屋市)。2012年4月に東証マザーズ、同年11月には東証一部へ上場し、その間233日という史上最短での市場変更を遂げたIT企業だ。

今回の移転も事業拡大にともなう人員増加と、別のフロアやビルの部署、グループ企業を集約することで、業務の連携と効率化を目指した。林 高生社長が重視したコンセプトは「社員への貢献」。移転前のアンケートで集めた社員の要望を反映させたため、新オフィスの構想は2年に及んだ。社長室を中心としたプロジェクトチームは、各部署から選抜。エリアごとの担当チームに分かれ、細かい箇所にもこだわりながら打ち合わせを重ねた。

「要望が多かった社員食堂は、地上約150メートルに位置する天空をイメージしたカフェのような空間。部署を越えたコミュニケーションの場としての利用も期待しました」と、社長室広報の尾崎美鈴氏。社員の健康面のサポートも目的としてメニューや栄養バランスにもこだわった。ミーティングルームは前オフィスよりもスペースを増やし、壁をホワイトボードに。書くスペースを充実させた点にも社員の声が活かされている。

2フロアを大胆につなぐ階段と滑り台は今回の新オフィスの目玉だ。社員の行き来をスムーズにすることによって、部署を越えたグループ間の連携や一体感を創出した。ジャングルジム、ハンモックやブランコのような椅子があるミーティングスペースなど、遊び心で導入された設備も好評だ。「移転前後では地元メディアの密着取材もあり、テレビや新聞など5媒体に取り上げられました」。

「ヒトがモノをつくる企業」を根底に置くエイチームは、社員を幸せにすることが企業としての成長につながると考える。サプライズに満ちた空間で働く社員たちは、サービスをさらに充実させ、社会へサプライズを送り出そうとモチベーションを高めている …

あと42%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

オフィスイノベーション の記事一覧

2フロアをつなぐ滑り台が エイチームの遊び心にあふれるオフィスに潜入(この記事です)
トリップアドバイザーの新オフィスに潜入!グローバルな機能のなかに主張する『日本らしさ』
研究開発型の企業であるための工夫が散りばめられた池田模範堂「MUHI SKIN RESERCH CENTER」に潜入!
クリエイティブを生み出すことを考えた、プレナスのブレインセンターに潜入
広々とした環境を活かし、社員の能力を発揮しやすくしたジェイアイエヌの新オフィスに潜入

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する