日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

オフィスイノベーション

トリップアドバイザーの新オフィスに潜入!グローバルな機能のなかに主張する『日本らしさ』

トリップアドバイザー

新しいアイデアや事業は、社内のコミュニケーションの場から生まれることも少なくない。こうした作用を生み出すスペースを設けている企業のオフィス哲学とは?

img01

世界最大の旅行口コミサイトらしく、「旅」のイメージを喚起させるエントランス。訪問者への案内が床面にあり、周りの景観と溶け込んでいる。

2000年、アメリカで誕生したトリップアドバイザー。現在では世界最大の旅行口コミサイトとして47の国と地域、28言語で展開されている。

日本法人の設立は2008年で、業務の拡大とともに徐々にオフィスの規模も大きくなり、2015年6月に恵比寿ガーデンプレイスに移転。前のオフィスと比べ敷地面積が約2倍になった現オフィスでの業務が開始した。

グローバルなメンバーにより、トリップアドバイザーらしさと日本らしさの両方を表現することを意識しながら移転プロジェクトは進められた。世界中すべてのオフィスデザインを手がけるアメリカ人、全社で統一されたITシステムを組み立てるイギリス人が2人、日本人が2人、さらにサポートとして2人のシンガポール人も参加。当然、施工にもバイリンガルな業者が選定され、新オフィスの設計が進められた。

エントランスのアンティークカーは印象的だ。ロンドンのオフィスでは飛行機の羽根が使われているらしく、「旅」を意識させるモチーフ選びに各拠点のこだわりが垣間見える。

同社シニアオフィスコーディネーターの日向里佳氏によると、「移転にあたり社員同士のコミュニケーションの活性化も課題のひとつでした」。これまではプロダクトごとに縦割りのチームで集まりがちだったが、ゆったりとくつろげるスペースを設けたことで …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

オフィスイノベーション の記事一覧

トリップアドバイザーの新オフィスに潜入!グローバルな機能のなかに主張する『日本らしさ』(この記事です)
研究開発型の企業であるための工夫が散りばめられた池田模範堂「MUHI SKIN RESERCH CENTER」に潜入!
クリエイティブを生み出すことを考えた、プレナスのブレインセンターに潜入
広々とした環境を活かし、社員の能力を発揮しやすくしたジェイアイエヌの新オフィスに潜入
地域や環境と調和しつつも新たな「顧客感動」を生み出すチュチュアンナの新オフィス

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する