日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

オフィスイノベーション

クリエイティブを生み出すことを考えた、プレナスのブレインセンターに潜入

プレナス(ブレインセンター)

新しいアイデアや事業は、社内のコミュニケーションの場から生まれることも少なくない。こうした作用を生み出すスペースを設けている企業のオフィス哲学とは?

img01

1階にはデモ店舗などを設置できるスペースを完備。新店舗を出す前に、ここで実際に様々なシミュレーションを行うことができる。これにより、カウンターやショーケースから照明に至るまで、事前の検証を元にした店舗設計を行う。

持ち帰り弁当店「ほっともっと」や定食レストラン「やよい軒」など、国内外で約3000店を展開するプレナスが新設した、市場分析から広告制作まで一括して行うマーケティング拠点。それがブレインセンターだ。各ブランドの戦略立案・構築を行い、ブランディングに関するコンテンツ制作、ディレクションを担当。世界中の顧客の動向に迅速に対応できる体制を整えた。

「モノが売れなくなっている時代だからこそ、海外も視野に入れた商品・店舗・サービスなどを含めたブランドの価値を統合的に高める必要があると考えています。ここはその役割を担う機関なんです」と同社ブランディングディレクターの宮永秀樹氏は話す。

第一に考えたのは、「実際に働く人がクリエイティブな力を発揮できるような空間」を意識したオフィスづくりだった。ビルは地上9階、地下1階で、経年変化しても味わいが出るような重厚感のある素材感や質感を重視した建築資材を使いつつも、ゆとりのあるオフィス空間を実現した。社員一人ひとりに対し、広々としたデスクや資料が身近に置ける空間が確保され、社内外の相手との打ち合わせスペースも多く設けているのも特徴だ。

クリエイティビティを実現するオフィスとして象徴的であるのが …

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

オフィスイノベーション の記事一覧

クリエイティブを生み出すことを考えた、プレナスのブレインセンターに潜入(この記事です)
広々とした環境を活かし、社員の能力を発揮しやすくしたジェイアイエヌの新オフィスに潜入
地域や環境と調和しつつも新たな「顧客感動」を生み出すチュチュアンナの新オフィス
「おもてなし」精神を大切にしつつ、社員が自然と情報共有できる エスアールジータカミヤのオフィスに潜入
グループ会社をまとめたことで「安全と安心」を提供 エバラの新オフィスに潜入
デザイン性と省エネが共存 スタンレー電気のオフィスに潜入

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する