日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

担当者が語るIRの現場

消費者を個人投資家に エバラ食品工業のIR戦略

エバラ食品工業

従来の定型的な情報開示に留まらず、多様な方法で株主や投資家、アナリストに社の魅力を伝えようと試みる、IR実務担当者によるリレー連載です。

個人投資家向けのツールでは、業績や経営ビジョンを分かりやすく伝えるほか、ヒット商品「黄金の味」のおいしさの秘密もしっかりアピールしている。

エバラ食品工業は1958年に創業し、ケチャップやソースの製造販売からスタートしました。当社の転換期となったのは1968年、「焼肉のたれ」の発売です。テレビCMも積極的に出稿したことで大ヒットし、日本の家庭に“焼肉”という新しい食文化をもたらしました。その後も「黄金の味」や「すき焼のたれ」、「浅漬けの素」などのヒット商品を送り出し、着実に業績を伸ばしてきました。その経営の根幹にあるのは、お客さまのお役に立つ企業でありたいという理念です。おかげさまで調味料メーカーとしての認知度も高く、多くのトップシェアの商品を持つに至りました。

個人投資家重視が奏功

現在のIR活動の大きなテーマは ...

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

担当者が語るIRの現場 の記事一覧

消費者を個人投資家に エバラ食品工業のIR戦略(この記事です)
精密ばねで国内トップ、アドバネクスのIR活動
オイシックスの「おいしい株主総会」舞台裏
シニアのファン株主をつくる、ライオンの個人投資家説明会とは?
BtoB企業こそ分かりやすいIRを
すごろくゲーム風のアニュアルレポートが高評価、タカラトミーのIR

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する