日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

担当者が語るIRの現場

シニアのファン株主をつくる、ライオンの個人投資家説明会とは?

倉島修一(ライオン コーポレートコミュニケーションセンターIR室 副主任部員)

従来の定型的な情報開示に留まらず、多様な方法で株主や投資家、アナリストに社の魅力を伝えようと試みる、IR実務担当者によるリレー連載です。

個人投資家向けサイト。

ファン株主の獲得目指す

ライオンは1891年に創業し、「今日を愛する。」をコーポレートスローガンとして掲げ、「健康」「快適」「環境」をキーワードに付加価値の高い製品を展開しています。

ハミガキやハブラシなどのオーラルケアの分野では、「デンターシステマ」や「クリニカ」などを展開し、国内でトップシェアを占めています。また、「キレイキレイ」などのハンドソープの分野でも、国内シェアナンバーワンとなっています。

このほか、解熱鎮痛薬の「バファリン」など、一般用医薬品事業や機能性食品などを取り揃えている通販事業なども展開しています。また、当社は海外に進出して50年以上の歴史があり、特にアジアにおいて高いプレゼンスを誇っています。

IRに関しては、 ...

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

担当者が語るIRの現場 の記事一覧

シニアのファン株主をつくる、ライオンの個人投資家説明会とは?(この記事です)
BtoB企業こそ分かりやすいIRを
すごろくゲーム風のアニュアルレポートが高評価、タカラトミーのIR
地道な改善が高評価に
女性市場に期待、アートネイチャーのIR
「おもてなし」の機会創出で魅力を発信

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する