日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

採用広報のアイデア

スケジュール変更で激戦必至 2016年卒採用を専門家が大予想

政府の要請により、経団連では2016年卒から採用活動の期間を後ろ倒す方針を決定した。学生との接触機会を少しでも増やそうと、今夏の企業のインターンシップは例年の1.5倍から2倍に増加した。果たして採用戦線の激化は、採用広報にどんな影響を及ぼすのだろうか。

選考期間が超短期化、未内定者も増加?

01.jpg

経団連は2016年卒の採用活動から、採用広報の解禁を大学3年生の12月から3月に、選考開始を大学4年生の4月から8月に後ろ倒すという指針をまとめた。どの程度の数の企業がこの方針に従うのかは不透明で、各社慎重に周囲の出方をうかがっている。多くの企業が内定式を開催する10月までに採用予定数が確保できるのか、大手の内定が固まった後に採用をすることの多い中小企業はどうすればよいのか――。恐々とする採用担当者も少なくない。

混戦必至の2016年卒採用に、企業はどう対応すればいいのか――?専門家に予想してもらった。

学生の大手志向が顕著に

採用期間の後ろ倒しは、3年前にも一度実施されている。当時は採用広報の解禁を大学3年生の10月から12月に変更したが、企業や学生にどのような影響があったのだろうか。

就職情報サイト「マイナビ」の三上隆次編集長は、当時をこう振り返る。「就活の準備を遅らせてもいいと考えて、自己分析や企業研究など準備不足のまま選考に臨む学生が続出しました。その結果、知名度のある大手に人気が集中。今年は好景気で大手が採用予定数を増やしており、学生の大手志向もさらに強まっていますから、こうした傾向が一層顕著になると予想されます。特に2016年卒は、採用広報のスタートは3月の春休み期間中。授業期間中なら周囲の友達につられて活動を始める人もいますが、就職活動が始まったことに気付かずに出遅れる学生も少なくないでしょうね」。

一橋大学キャリア支援室の西山昭彦教授も学生の準備不足を懸念する。「今でも業界の全体像を知らないまま、就活に突入して、知名度の高い企業や先輩の就職先を志望する学生は多いです。以前に比べて学生は就職情報サイトを通じて大学名にかかわらず自由に応募できるようになったので、求められる基準を知らない学生がやみくもに大手にエントリーして次々に落ち、就職活動そのものに疲弊してしまうという事態も出てきています」。

10月1日には大手企業の入社式がニュースで一斉に報道される。就活スタートが遅れ、内定を手にできないまま焦る学生の姿も想像に難くない。西山教授によると、学生の間では志望の企業に内定しないと就職留年を早々に決めてしまう学生も多いといい、そうなると企業にとっては必要な採用数を確保するのが一層難しくなる。

採用本格化の時期は混沌

8月選考順守は全体のわずか3分の1。

02.jpg

一方、採用スケジュールの後ろ倒しで、かえって企業が採用にかかる期間が長期化すると予想するのは ...

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

採用広報のアイデア の記事一覧

あなたの会社はブラック?ホワイト?採用を左右する企業評価のカラクリ
秘密は「お見合い型企業説明会」にあり 中小企業の採用が成功するコツ
腕立て伏せで採用決定 テレビも密着した「マッチョ採用」って?
クイズに正解しないと読めません!エイチームの「鍵つき」採用案内
休暇・褒賞制度を積極的に発信、4万人がエントリーするノバレーゼの採用広報 
店舗経営を一任!スパルタだけど人気、ドン・キホーテのインターンシップ
「1億円役員はいます。1億円店長はまだか。」ファーストリテイリング、年収公開広告の裏側
スケジュール変更で激戦必至 2016年卒採用を専門家が大予想(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する