日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

採用広報のアイデア

店舗経営を一任!スパルタだけど人気、ドン・キホーテのインターンシップ

ドン・キホーテ

期間限定でオープンした、東京都葛飾区小岩の店舗。1店舗8人の学生で運営し、区内に2店舗同時にオープンさせた。

成長求める学生が次々応募

流通大手のドン・キホーテでは、今年から学生に店舗経営をまるごと任せる「商店経営インターンシップ」をスタートした。陳列や接客はもちろん、商品構成や価格決定、レイアウトまでをすべて学生に任せるという思い切った企画だ。社会人経験のない学生に一店舗の経営を任せるという重いミッションを課し、できるだけ社員がアドバイスせず、自主的に対応策を考えさせることを徹底。学生自らがインターンを通じて成長できるプログラムになっている。

「学生側にも、インターンを“見る目”が養われてきています。優秀な学生は、会社内で説明会をして、グループワークをして……というような、ありきたりなインターンには参加する意味がない、としっかり見抜いていますね」と語るのは、このインターンシップを考案した、リクルーティングマネジメント部の慶村宏雅部長。2016年卒の採用広報や選考期間の後ろ倒しで、今夏の企業のインターンの開催回数は1.5~2倍にも増加したといわれる中、インターンが自分自身の成長につながるのか、有意義な経験ができるのかといった、学生からのこれまで以上に厳しい視線が注がれているのだ。「他の企業のインターンシップの記憶を塗り替えるほど」(慶村氏)、学生にインパクトを残し、優秀な学生と接触するのも狙いの一つ。学生からの反応も上々で、16人の枠に236人の学生が応募。倍率は10倍を超えた。

インターンシップとはいえ、一店舗の経営を任される以上、学生も生半可な気持ちでは臨めない。本気になるあまり ...

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

採用広報のアイデア の記事一覧

あなたの会社はブラック?ホワイト?採用を左右する企業評価のカラクリ
秘密は「お見合い型企業説明会」にあり 中小企業の採用が成功するコツ
腕立て伏せで採用決定 テレビも密着した「マッチョ採用」って?
クイズに正解しないと読めません!エイチームの「鍵つき」採用案内
休暇・褒賞制度を積極的に発信、4万人がエントリーするノバレーゼの採用広報 
店舗経営を一任!スパルタだけど人気、ドン・キホーテのインターンシップ(この記事です)
「1億円役員はいます。1億円店長はまだか。」ファーストリテイリング、年収公開広告の裏側
スケジュール変更で激戦必至 2016年卒採用を専門家が大予想

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する