日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

採用広報のアイデア

「1億円役員はいます。1億円店長はまだか。」ファーストリテイリング、年収公開広告の裏側

ファーストリテイリング

学生の成長意欲を刺激し、いかに「選ばれる」企業になるか――。企業間の人材競争が激化する中、採用広報にも新たなアイデアが必要だ。インターンや制度改革、そのPR活動まで企業の取り組みを探る。

あえて年収を前面にアピール
通常の企業ではあまり前面には出さない年収をあえて採用広告に。実力次第でキャリアアップでき、高い年収も夢ではないことをアピールしている。

第一志望で入社してほしい

「第一志望、ユニクロ」。アパレル大手のファーストリテイリングの採用広告には、こんな強いメッセージが打ち出されている。「第一志望ユニクロ、と言い切れるほど強く志望して入社をしてきてほしい」――。柳井正社長ともミーティングを重ねる中で、こうしたコピーが定まっていった。このメッセージからは、同社の採用への本気度が伝わってくる。

採用方法も、他社とは一線を画す独自の手法を取り入れている。ファーストリテイリングでは、2011年12月から、多くの企業が春・秋の採用を実施する中、期間を限定せずに通年で学生からの応募を受け付ける「通年採用制度」を導入。また、大学1年生~第二新卒まで自由に採用試験に応募できる制度とし、「学年や新卒・既卒、国籍を問わないオープンな採用」を目指す。応募は新卒生が多くを占めるとはいえ、留学を控えた学生など1~3年生からも応募があるといい、実際に内定が出ているケースもある。在学中に内定が出れば、内定者イベントや研修、アルバイトなどは案内するものの、基本的に卒業までの間を自由に過ごすことができる。

昨年登場した「第一志望、ユニクロ」の採用広告では、年収や退職率など ...

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

採用広報のアイデア の記事一覧

あなたの会社はブラック?ホワイト?採用を左右する企業評価のカラクリ
秘密は「お見合い型企業説明会」にあり 中小企業の採用が成功するコツ
腕立て伏せで採用決定 テレビも密着した「マッチョ採用」って?
クイズに正解しないと読めません!エイチームの「鍵つき」採用案内
休暇・褒賞制度を積極的に発信、4万人がエントリーするノバレーゼの採用広報 
店舗経営を一任!スパルタだけど人気、ドン・キホーテのインターンシップ
「1億円役員はいます。1億円店長はまだか。」ファーストリテイリング、年収公開広告の裏側(この記事です)
スケジュール変更で激戦必至 2016年卒採用を専門家が大予想

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する