日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

実践!プレスリリース道場

ポラスグループがNPOと協働、「新商品の次の一手」となるリリース

井上岳久(井上戦略PRコンサルティング事務所・代表)

新聞や雑誌などのメディアに頻出の企業・商品のリリースについて、配信元企業に取材し、その広報戦略やリリースづくりの実践ノウハウを紹介する「リリース道場」。今回は、ポラスグループの新商品の“次の一手”となるリリースを紹介します。

NPO共同イベントが話題化

これまで数多くのリリースを紹介してきた中でも、今回は初めて不動産業界を取り上げます。私が見る限り、不動産業界はPRについては広告頼りの企業が多く、リリースをうまく使いこなせている企業は少ないと思います。そんな中、埼玉県を拠点に東京都、千葉県を商圏とするポラスグループは、高業績の優良企業で経営手法の優れた企業として知られ、PRにもとても熱心です。NPOと共同で開発した住宅が大変好評だったため、その二次リリースを発行して、巧みに話題をつなげている例を紹介したいと思います。

そもそもの発端は、2012年に足立区にある「パレットコート六町 東京ココロシティ」という200邸を超える23区内最大級の戸建て分譲地の開発を同社がスタートしたことに始まります。開発を進める中で、同社の女性社員が地域で活動するNPO法人「子育てパレット」と知り合い、交流するうちに、ひとつのアイデアが生まれます。それは同法人の声かけにより集まった主婦が、女性目線で「子育てママの理想の家づくり」に取り組むというもので、9人が4つのチームに分かれてアイデアを提出し、コンペで最も優秀だと認められたアイデアは、実際に建築して販売するプロジェクトです。このコンペに先立ち、リリースを配信したのが2013年4月のことです。

不動産業界では、「女性目線の家」というセールスコピーは多数見かけます。でも、それは ...

あと82%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

実践!プレスリリース道場 の記事一覧

ポラスグループがNPOと協働、「新商品の次の一手」となるリリース(この記事です)
キングジムのヒット商品「デジタル耳せん」のプレスリリース徹底分析
東京ドーム、取材を呼び込む年3回発行の「ニュースレター」を分析
らでぃっしゅぼーや「女性限定チーム」を話題化するリリース
若い世代にアピール強化へ。「モンチッチ」40周年イベントを成功させたリリースを解説
寺田倉庫のテレビに取り上げられるリリースを解説

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する