日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

実践!プレスリリース道場

らでぃっしゅぼーや「女性限定チーム」を話題化するリリース

井上岳久(井上戦略PRコンサルティング事務所・代表)

新聞や雑誌などのメディアに頻出の企業・商品のリリースについて、配信元企業に取材し、その広報戦略やリリースづくりの実践ノウハウを紹介する「リリース道場」。今回は、らでぃっしゅぼーやのプロジェクトチームを訴求するリリースを紹介します。

女性ならではの視点を商品に

近年、企業内で「女性だけのプロジェクトチーム」を組織する会社が増えてきて、メディアでも度々取り上げられています。「女性の社会進出」という言葉も、もう言い古された感がありますが、女性ならではの視点や発想にはユニークなものが多く、ニュースバリューは高いようです。今回はそんな、社内プロジェクトチームをPRするリリースを、有機・低農薬野菜・無添加食品宅配業の「らでぃっしゅぼーや」を例に学んでいきましょう。

同社では昨年5月、社内のイントラネットの中に、従業員からの提案を受け付けるシステムを作ったところ、この女性プロジェクトの提案があったといいます。無農薬や低農薬の野菜類を定期的に、あるいはネットで個別販売する同社は、その扱い品目ゆえに、利用者の9割以上は女性。ならば、商品や売り方にも女性の視点を取り入れるべきだと採用されました。秋に社内の幅広い部署から8人が集められ、「女子Rabo」が発足。より多面的な意見が生まれるよう、子どもがいる世帯、夫婦だけの家庭、一人暮らしなど、家族構成もバラバラになるようなメンバーを意識しました。彼女たちが任せられたのは商品開発だけでなく、グッズ、パッケージ、販売の4つの分科会に分かれ、通常業務以外の時間帯で活動したそうです。

最初に念頭に入れた時期は2014年春。消費税が8%に増税し、消費者の買い控えが心配される時期、どこの企業にもてこ入れをする必要がありました。春といえば行楽シーズンですし、家族の入学や入社などで新たにお弁当づくりを始める女性も多い季節。そんなわけで「女子Rabo」のテーマ第一弾は「お弁当」に決まりました。

メンバーはまず、自分たちのお弁当の ...

あと79%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

実践!プレスリリース道場 の記事一覧

らでぃっしゅぼーや「女性限定チーム」を話題化するリリース(この記事です)
若い世代にアピール強化へ。「モンチッチ」40周年イベントを成功させたリリースを解説
寺田倉庫のテレビに取り上げられるリリースを解説
トイレ導入後にフォーカス、TOTOのユニークなリリースを解説
全世界で累計250万台販売、大ヒット家電のリリースを解説
佐賀の酒蔵・光武酒造場のイベント協賛リリースを解説

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する