日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

知的財産を巡る紛争に、広報はどう対応すべきか

「白い恋人」vs「面白い恋人」に学ぶ商標戦略

TED知的財産法研究会

広報活動の中で常に隣り合わせとなる法律が「知的財産」にまつわるもの。はっと気付いた時、「時すでに遅し」とならないよう、日頃からしっかりとポイントを押さえておく必要がある。今回はパロディ商標について考える。

092_01.jpg

石屋製菓の「白い恋人」のパッケージ

広報活動の中で常に隣り合わせとなる法律が「知的財産」にまつわるもの。はっと気付いた時、「時すでに遅し」とならないよう、日頃からしっかりとポイントを押さえておく必要がある。今回はパロディ商標について考える。

1. はじめに

「商標」とは、「商品や役務(サービス)の顔・物いわぬセールスマン」などといわれることがありますが、一言で表現すれば、商品やサービスに付された名称やマークのことを指します。商標のなかでも、品質や性能に大きな信頼が備わっているもの、または高級なイメージが備わっているものなどを「ブランド」と呼んでいますが、顧客は、商標・ブランドを見て、自分が購入する商品やサービスを決めることになります。

しかし、この財産的価値は、最初から備わっていたわけではありません。長い間の地道な営業努力や広報活動によって、初めて獲得できるものです。ところが、有名になりますと、それに便乗するような動きも出てきます。ときには、「笑い」「ユーモア」の効いた迷商標(?)に、思わずうならされることもありますが、腹立たしく思うことも少なくありません。年間に約10万件の商標登録が行われていますが、現実にどんな争いが起きているのか概観することにしましょう。

2. 実際に起きた事例

世間の耳目を集めた最近の事件といえば、「白い恋人」と「面白い恋人」の商標をめぐる事件ではないかと思います。

あと78%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

知的財産を巡る紛争に、広報はどう対応すべきか の記事一覧

「白い恋人」vs「面白い恋人」に学ぶ商標戦略(この記事です)
事例で読む、日本におけるサイバーモール運営者の責任とは?
「楽天市場出店事件」から学ぶ、サイバーモール運営における表記・表現の注意点
「正露丸事件」から学ぶ、商標の識別力低下を防ぐポイント

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する