販売促進の専門メディア

           

2024年ショッパーインサイト大予測

トレンドは節約疲れとメリハリ消費 「ちょっと贅沢したい」がキーワードに

橋本 瑛氏、鶴田育緒氏(インテージ)

マーケティングリサーチ業界のリーディングカンパニーであるインテージ。「生活者理解の深化」と「データ活用の高度化」により、多くの企業を支援してきた同社のシニアアナリスト 橋本 瑛氏とトップ・アナリシス・デザイナー 鶴田育緒氏が語る、2024年注目すべき売り場のトピックとは。

インテージが考える2024年のショッパーインサイト



●減税や賃上げなどが予定されている2024年に「節約疲れ」したショッパーの財布のひもが緩む
●節約と贅沢を巧みに使い分ける「メリハリ消費」が進む
●コロナ禍で外食する習慣が減ったことで食品・飲料についてはライバルが「外食での喫食体験」に

メーカーが準備すべきこと



●ショッパーにとって「ちょっと贅沢」な売り場提案
●高いものが受け入れられないという思い込みを疑ってみる
●自社製品の比較対象を再度見直す

さまざまな品目の値上がりが続コロナの感染症法上の分類が5類となり、生活者の意識や暮らしは大きく変化しました。また、ゴールデンウィークや夏休み、秋の行楽・イベントのシーズン、最近では年末年始の休暇と、人々の行動意欲が回復して、以前のような賑わいを取り戻しているところも少なくありません。

そうした環境下、インテージが調査を続ける中で見えてきたのは、消費者の「節約疲れ」です。

ショッパーが世の中の動きに感じていること

当社では生活者がどのような暮らしをしているのか、世の中の動きに対してどのように感じているのかといった生活者の意識や行動の調査を数多く行っています。そういったデータをもとに、企業の皆さまと一緒にショッパーインサイトについて考え、実際の店頭施策やキャンペーン設計の支援を行っています。メーカー企業の営業担当者にとっても、自社製品の強みに加え、世の中の動きや生活者の実態をもとに商談を進めていくことで、流通企業の方とより深い関係性を構築することができるのではないでしょうか。

冒頭での「節約疲れ」もそういったメーカー営業担当の方に押さえていただきたい、2024年のショッパーインサイトです。

「贅沢したい」を満たす売り場でのコーナー展開

当社が2023年10月に行った調査では、2022年10月と比べて、総買い物金額が...

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら
一覧

2024年ショッパーインサイト大予測 の記事一覧

あなたはきちんと答えられますか?ショッパーの定義とインサイトの把握方法
「節約疲れ」に寄り添う 買い手と物価高を乗り越える姿勢で信頼醸成を
2024年のショッパーは「賢く買い物をしたい」 エシカル消費の本格到来も目前か?
狙った商品しか買わない「スナイパー型」が増加?消費拡大は偶然の出会いが鍵に
「目的買い」と「価格重視」の二極化 節約疲れはありながら貯蓄意識は継続か
トレンドは節約疲れとメリハリ消費 「ちょっと贅沢したい」がキーワードに(この記事です)
スマホ起点の購買行動が加速 リテールメディアで顧客に合わせたメッセージを
業態が変わればショッパーも変わる メーカー営業がインサイトを把握する重要性
「買い物客の理解なくして、良い売り場はない」ダノンジャパンがショッパー理解に注力する理由
メーカーの営業担当が知らない 店頭でショッパーの「欲しい」をつくる方法
2024年、消費者は何にお金をかけたくなるのか キーワードは「みんなが集まる」ことで生まれる消費
ファミリーにとっての週末は「日常の延長」に お金をかけたくなるのは日々の生活をちょっと贅沢にするもの?
消費者1000人に聞いた「モノを買うときに、重視していること」
節約志向や貯蓄への意識は継続するが「非計画購買」を誘発する売り場づくりが鍵に
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する