販売促進の専門メディア

持続可能な効率化を探る 顧客視点の売り方改革

ローソンが深夜無人営業を開始 顧客のニーズに応える店舗づくりを

8月に深夜無人営業の実験を始めたローソン。防犯上、サービスに制限が多い中で、安定した運営は可能なのか。実験の目的と現状について、同社の長澤拓弥氏に話を聞いた。

ローソン氷取沢町店にて無人営業を示す看板。

ローソンは8月23日から、ローソン氷取沢町店(横浜市)で、深夜0時~早朝5時まで無人で営業する実験を行っている。防犯上、入店の際には、会員情報と連動したローソン公式アプリで表示させた二次元コードを店舗入り口の機器にかざすか、顔を撮影する必要がある。

決済にはセルフレジを用いる。ただし、年齢確認が必要な酒・タバコ類の販売、「からあげクン」などのファストフードやチケットサービスのような、店員の対応が必要な商品は購入できない。

ローソン 業務システム統括本部システム企画部の長澤拓弥部長は、無人営業店舗について、こう話す。

「人手不足は非常に大きな問題であり、特に深夜においては喫緊の課題です。そのため、深夜5時間はスタッフを売り場に配置しない実験を始めました」 …

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

持続可能な効率化を探る 顧客視点の売り方改革の記事一覧

持続可能な効率化を探る 顧客視点の売り方改革の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する