販売促進の専門メディア

持続可能な効率化を探る 顧客視点の売り方改革

「NewDays」初の無人レジ店舗 駅ナカの買い物をより便利に

JR東日本リテールネットは7月30日、コンビニエンスストア「NewDays」初となるセルフレジ専用キャッシュレス・無人店舗を、JR武蔵境駅に開店した。その経緯と目的とは。

店内のようす。セルフレジでの支払いは、「Suica」などの交通系電子マネーとクレジットカードのみ。

「NewDays 武蔵境nonowa口店」は、無人レジのみで構成した実験的な店舗だ。来店客はセルフレジを使い、自ら会計をする。こうしたレジの無人化について、JR東日本リテールネットの営業本部コンビニエンス営業部イノベーション推進課・課長・島村尚男氏は、「レジ業務は多く時間を要する。人手不足がいまより深刻でなかったころから、当社では積極的にレジ業務の効率化に取り組んできた」と話す。

「『NewDays 武蔵境nonowa口店』は売り場面積が狭小で、決済方法や、店舗レイアウト、商品の構成や手配については頭を悩ませた店舗でした …

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

持続可能な効率化を探る 顧客視点の売り方改革の記事一覧

持続可能な効率化を探る 顧客視点の売り方改革の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する