販売促進の専門メディア

THROUGH BOUNDARIES

「因果」の哲学

朱 喜哲(哲学者/プランナー)

ヒュームはアメリカを含む英語圏においては最も人気のある哲学者のひとり。現在でも「ヒューム主義者」を名乗る現役哲学者は多い。

(写真=123RF)

ある商品が「なぜ売れたのか?」を問うとき、マーケターは購買の理由ではなく、その原因、もっと言えば、どのような施策を打てばより売れるのかということを問うている。このとき目指されているのは、ときに大規模なデータを駆使しての複雑な「因果的メカニズム」の解明だった …

あと82%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

THROUGH BOUNDARIES の記事一覧

適切なプロセスによって初めてわかること
「因果」の哲学(この記事です)
誰かの考え方に心酔したり、否定したくなったときは
「因果」と「理由」のマーケティング
魔境あるいは万能と劣等の心的複合体
「因果」に魅入られたマーケティング
「同意」が王座に就く時代
禅の考える「利益を得る」方法
答えのない問いへの答えはどこからやってくるか
行動データの光と影──「通知と同意」をめぐって
本物と偽物
意識データを再考する── マーケティングと「正当化」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する