販売促進の専門メディア

THROUGH BOUNDARIES

「因果」と「理由」のマーケティング

朱 喜哲(哲学者/プランナー)

「使えるか否か」はわかっても、「なぜ使えるか」を説明するのはとても困難だ

(写真=123RF)

前回、ナッジを例として「因果」について論じた。なぜそうなっているのか、当事者にとって意識されてさえいないような介入によって、人の行動が変化する例である。

因果の解明はマーケティングの究極目標のひとつだろう。マーケターが「どうやったら消費者は買ってくれるのか」と問うとき、それは理由を問うているのではなく、「どの施策を、どのように実施すれば、売上は伸びるのか」という因果的なメカニズムを問うている。

アナリストは一般に、多くの広告施策や環境要因を数値化した説明変数によって、目的変数である売上を説明する数理モデルを組む。それは、施策の種類と規模をどのように変えると売上が伸びると考えられるのか、つまり、因果的介入の方針を決めるためである。

重要なのは …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

THROUGH BOUNDARIES の記事一覧

誰かの考え方に心酔したり、否定したくなったときは
「因果」と「理由」のマーケティング(この記事です)
魔境あるいは万能と劣等の心的複合体
「因果」に魅入られたマーケティング
「同意」が王座に就く時代
禅の考える「利益を得る」方法
答えのない問いへの答えはどこからやってくるか
行動データの光と影──「通知と同意」をめぐって
本物と偽物
意識データを再考する── マーケティングと「正当化」
物語の主人公、禅の主人公
国外にわたって勉強すること

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する