販売促進の専門メディア

THROUGH BOUNDARIES

適切なプロセスによって初めてわかること

宇野 全智(禅僧/曹洞宗総合研究センター研究員)

「青い鳥症候群」は不適当なプロセスとも言えそうだ

(写真=123RF)

販促をして商品が売れると、ときに「しなくても売れたのでは?」という疑問が浮かびはしませんか。仏教では「すべての人間は仏の性質を持つ」と説きますが、であれば、なんのために修行をするのでしょう。

この疑問はいったん措くとして、『青い鳥』(メーテルリンク)という物語があります。貧しい二人の兄妹が「幸せの青い鳥」を探し、「思い出の国」や「夜の世界」、「幸せの国」などを巡って、さまざまな経験をします。

そして場所場所で青い鳥を捕まえるのですが、家に持って帰るとそれは黒い鳥になったり、死んでしまったりするのです。結局二人は青い鳥を捕まえられず、家に帰ります。

すると、前から飼っていた鳥が美しい青色をしている。そこで二人は、こんな近くに青い鳥がいたことに初めて気づくのです …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

THROUGH BOUNDARIES の記事一覧

適切なプロセスによって初めてわかること(この記事です)
「因果」の哲学
誰かの考え方に心酔したり、否定したくなったときは
「因果」と「理由」のマーケティング
魔境あるいは万能と劣等の心的複合体
「因果」に魅入られたマーケティング
「同意」が王座に就く時代
禅の考える「利益を得る」方法
答えのない問いへの答えはどこからやってくるか
行動データの光と影──「通知と同意」をめぐって
本物と偽物
意識データを再考する── マーケティングと「正当化」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する