販売促進の専門メディア

THROUGH BOUNDARIES

答えのない問いへの答えはどこからやってくるか

宇野 全智(禅僧/曹洞宗総合研究センター研究員)

世の中には答えのある問いのほうが実は少ない。考えを続けることも、やめることもできる(写真=123RF)

おばあさんが、若い禅僧のために庵を建て、修行を助けることにしました。禅僧は懸命に修行し、20年が経ちます。ある日おばあさんは「修行の進みぐあいを確かめよう」と、世話を手伝っていた若い娘に「お坊さんに抱きついて誘惑してごらん」と命じました。

娘がそのとおりにすると、禅僧は平然と「枯木寒巌に倚りて三冬暖気無し」(凍った岩に枯れ木がもたれかかっても温かくはなりません)と答えました。

これを聞いたおばあさんは、烈火のごとく怒ります。「私はこんな俗物を20年も供養していたのか。忌々しい!」と、すぐさま禅僧を追い出し、庵を焼き払ってしまいました。

これは、中国宋代に編集された『碧巌録』所収の「婆子焼庵」という公案(禅問答)です。実に面白い問答で、普通なら褒められそうな答えにおばあさんが激怒してしまう。それはなぜか、どのように答えればよかったか。公案には正解はなく、各々考えることが求められます …

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

THROUGH BOUNDARIES の記事一覧

答えのない問いへの答えはどこからやってくるか(この記事です)
行動データの光と影──「通知と同意」をめぐって
本物と偽物
意識データを再考する── マーケティングと「正当化」
物語の主人公、禅の主人公
国外にわたって勉強すること
行動データの時代に「理由による正当化」を再考する
ディスプレイの『白紙』に
処方せん割引と情報格差
DIY精神をどうアップデートしていくか
スライド資料と「理由の空間」
本当は、その逆なんじゃないの?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する