販売促進の専門メディア

THROUGH BOUNDARIES

「同意」が王座に就く時代

朱 喜哲(哲学者/プランナー)

コンテンツに始まり、昨今はさまざまなものが王を僭称する(写真=123RF)

「コンテンツこそ王である(content is king)」とビル・ゲイツが宣言したのは1996年のことだった。ソフトの時代をいち早く予言したこのフレーズは、いま再び注目を浴びている。本連載でも論じてきた「行動データ」を用いた広告配信のターゲティング手法が批判されるなか、配信される中身(コンテンツ)にもう一度立ち返ろうというのである。

「王である」という宣言は、それを権威あるものとして扱うべきという規範的な主張でもある。そして、目下コンテンツと同様に──それをもじって──権威を付与されているのが、「同意」である。「同意(consent)こそ王」というわけだ。

「同意」とは、データ利活用に際する権利の所在やその契約に関わるものだ …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

THROUGH BOUNDARIES の記事一覧

「同意」が王座に就く時代(この記事です)
禅の考える「利益を得る」方法
答えのない問いへの答えはどこからやってくるか
行動データの光と影──「通知と同意」をめぐって
本物と偽物
意識データを再考する── マーケティングと「正当化」
物語の主人公、禅の主人公
国外にわたって勉強すること
行動データの時代に「理由による正当化」を再考する
ディスプレイの『白紙』に
処方せん割引と情報格差
DIY精神をどうアップデートしていくか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する