販売促進の専門メディア

THROUGH BOUNDARIES

誰かの考え方に心酔したり、否定したくなったときは

宇野 全智(禅僧/曹洞宗総合研究センター研究員)

逢わずしては何も始まらない、逢ったとしても終わりではない(写真=123RF)

業界をリードする人の言葉や考え方に心酔し、傾倒することは誰しもあると思います。あるいは、「なんだ、そんなもの」と拒むこともあります。

肯定にしろ、否定にしろ、それは自我を護り、自己を保つためです。その人の世界観で生きていこうとするか、自己を保つために、飲み込まれるのを回避しようとするかの違いです。

距離を置いて慎重に接しながら、一つを選び取る。選んだあとはどっぷりと、信じ仰いでついていく。信仰とは、これら二つの組み合わせで成立すると思われがちです。

しかし禅では、それは信仰ではありません。これを端的に表したのが、臨済宗の開祖、臨済義玄(?~867年)による「仏に逢うては仏を殺せ。祖に逢うては祖を殺せ。」です …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

THROUGH BOUNDARIES の記事一覧

誰かの考え方に心酔したり、否定したくなったときは(この記事です)
「因果」と「理由」のマーケティング
魔境あるいは万能と劣等の心的複合体
「因果」に魅入られたマーケティング
「同意」が王座に就く時代
禅の考える「利益を得る」方法
答えのない問いへの答えはどこからやってくるか
行動データの光と影──「通知と同意」をめぐって
本物と偽物
意識データを再考する── マーケティングと「正当化」
物語の主人公、禅の主人公
国外にわたって勉強すること

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する