販売促進の専門メディア

THROUGH BOUNDARIES

物語の主人公、禅の主人公

宇野 全智(禅僧/曹洞宗総合研究センター研究員)

「本来」と「今」自分を分けない
禅における「主人公」は、「物語の中心人物」ではない。ストーリーに追い立てられすぎるのも考えものだ(写真=123RF)

みなさんは「主人公」という言葉に何を思い浮かべますか。小説や映画、CMでも、「物語の中心人物」が「主人公」でしょう。でもこの言葉、禅で用いると、別の姿を現します。今回は「主人公」から、禅の人間観の面白さをお伝えしたいと思います。

昔、中国に瑞巖彥という和尚がいました。彼は毎日、「おい、主人公」と呼びかけては、自ら「はい」と答えていたと言うのです。なぜそんなことをしていたのでしょうか。

この「主人公」、メインキャラという意味ではありません。禅では、主人公は「あるべき本来の姿」を意味します。

重要なのは「あるべき本来の」という部分です。「あるべき」とは、仏という言葉に集約される理想の人間の在りようとして、自己が正しく実現され、立ち現れていること。「本来の」とは、それは最初から人に内在しているものだということ …

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

THROUGH BOUNDARIES の記事一覧

物語の主人公、禅の主人公(この記事です)
国外にわたって勉強すること
行動データの時代に「理由による正当化」を再考する
ディスプレイの『白紙』に
処方せん割引と情報格差
DIY精神をどうアップデートしていくか
スライド資料と「理由の空間」
本当は、その逆なんじゃないの?
かかりつけ薬局を支えるPhTとは
「論理的」は「規範的」?──分析哲学とプラグマティズム

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する