販売促進の専門メディア

直感で伝える語らない販促

アプリでのメイク疑似体験でブランド価値を実感

エスティ ローダー

化粧品の「お試し」方法が多様化している。美容部員にメイクをしてもらったり、自分で店頭の試供品を試したり、はたまた「YouCamメイク」のように疑似体験したり。ブランド側はどこに価値を見出しているのか。

エスティ ローダーが出稿した、同社の人気ファンデーションの雑誌広告。見た目はふつうだが……。

広告ビジュアルとアプリでのメイク体験で新しい価値を提供

高級化粧品ブランド「エスティ ローダー」は5月28日、人工知能(AI)技術を活用して、雑誌広告のモデルと同じメイクを、スマートフォン上で自分の顔にシミュレートできる施策を開始した。

パーフェクト(東京・港)が開発・運営するバーチャルメイクアプリ「YouCamメイク」の機能「AIルックトランスファー」を用いた施策。「YouCamメイク」で「エスティ ローダー」の広告ビジュアルを読み込んだあと、「いますぐトライ」をタップすると、カメラが利用者の顔を映し、モデルと同じメイクが反映される。

雑誌広告は、それぞれ7月号の小学館『Oggi(オッジ)』、集英社『BAILA(バイラ)』、同『MORE(モア)』、光文社『VERY(ヴェリィ)』など女性誌11誌に出稿した。訴求した商品は、「エスティ ローダー」でも人気だというファンデーション「ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ」。「カバー力」や「くずれにくさ」が支持されている点のようだ …

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

直感で伝える 語らない販促の記事一覧

直感で伝える 語らない販促の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する