販売促進の専門メディア

直感で伝える語らない販促

美容室でスタイリストと楽しむメガネ選び

どれを買えばいいか迷った時、直接、売り手の意見を聞くよりも、信頼できる第三者の意見のほうが頼りになるケースは多い。メガネはファッションの一部。スタイリストのセンスがメガネ選びの後押しになる。

JINSが美容室への導入を進めている、髪型に合わせてメガネを選べるサービス「サロン de メガネ supported by JINS」の操作イメージ。

誰からアドバイスがほしいか メガネ美容師が人気

アイウエアブランド「JINS」を手がけるジンズは4月18日、美容院のヘアスタイリスト(美容師)からアドバイスを受けながら、髪型に合わせてメガネを選び、その場で購入もできるサービス「サロン de メガネsupported by JINS」(サロン de メガネ)を開始した。

「サロン de メガネ」の対象店舗は、全国の美容院100店舗。2018年内に1000店舗への拡大を目指すという。

参画した美容院には、メガネのバーチャル試着サービス「JINS VirtualFit(ジンズ バーチャルフィット)」を導入。施術中の利用客にタブレット端末で自分の顔を撮影してもらい、サーバーへアップロード。2000種以上のメガネから好きなものを選んで、バーチャル試着体験ができる。

ヘアスタイリストから髪型や髪色、なりたいイメージなどに合わせてアドバイスを受けながら、メガネを選べるのがポイントだ。タブレット端末の操作などは、待ち時間やカット中、カラーリング中などの合間で行うことを想定している。

気に入った商品が見つかった場合は、二次元コード経由、あるいはショートメッセージ(SMS)で、当該のメガネの商品ページのURLを自分のスマートフォンに読み込み、JINSオンラインショップで購入できる。サービス限定の割り引き特典もあるという。

配送料は無料で、自宅のほか、全国のJINS店舗やコンビニ受け取りもできる。レンズ交換券が付いており、購入時に適切な度数がわからない場合は、JINS店舗で交換できる。

美容師には固定客が付いていることが多く、センスに共感していたり、トータルコーディネートのアドバイスも受けたりする人も少なくない。美容師と一緒にメガネを選んでもらい、購入の後押しを図ろうという施策だ。

「実際に、お客さまからは、『自分にはどんなメガネが似合うか、わからない』といった悩みがあるようです。以前、調査した際には、そうした回答を寄せた方が45%を占めました …

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

直感で伝える 語らない販促の記事一覧

直感で伝える 語らない販促の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する