販売促進の専門メディア

「店員力」で売り上げを伸ばす

ロボットは店員になれるのか?Pepperを活用した実験的集客施策

Pepperを活用した接客効果を図る、実験的な取り組みが相次いでいる。ロボットは店員をどのようにサポートできるのか。

「Pepperだらけのケータイショップ」にて、Pepperが店内の大型タッチパネルと連動して商品をおすすめ。
近くにいる人を認識し、顔もそちらに向ける。

iPhoneの購入希望者に対し契約のやりとりをするPepper。

来店客の受付から契約までPepperだけで挑む。ソフトバンクは、3月24日から1週間、表参道にて「Pepperだらけのケータイショップ」を開いた。「呼び込みPepper」「商品案内Pepper」「契約Pepper」など、役割を6つに分け、10台のPepperが来店客を出迎えた。商品案内Pepperは、頭部についたカメラで来店客の性別・年齢を認識。来店客にクイズを出し、お薦めの商品を大型タッチパネルに表示した。来店客が購入ボタンを押すとQRコード付きの紙を発行。「iPhone 6s」16GBならショップ内で契約して商品を渡し、それ以外の商品もQRコードから遷移するECサイトで決済、配送できる流れ。バックヤードにスタッフはいるものの、ロボットが店員のどの役割をサポートできるのかを具現化した取り組み。珍しさから客足は絶えず、Pepperがショップの顔として機能していた。

アトレ、ジェイアール東日本企画、アイ・エム・ジェイは …

あと42%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「店員力」で売り上げを伸ばすの記事一覧

「店員力」で売り上げを伸ばすの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する