販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

第7回販促コンペ応募企画 サンギが実施へ向け動く

「販促コンペ」の応募企画が、実現に向けて動いている。昨年の第7回実施時に協賛企業として参画したサンギは8月、応募企画をさらにブラッシュアップし、母親と子ども向けのイベントを開催する計画だ。提案したのは、ジェイアール東日本企画(jeki)第五営業局の林小吾朗氏。

img01

サンギは「薬用ハイドロキシアパタイト」の認知向上のため、第7回販促コンペで企画を募った。

コンペでは受賞を逃すも実現性の高さを評価

「芸能人は歯が命」のキャッチフレーズで一躍脚光を浴びたハミガキ粉「アパガード」を販売するサンギだが、商品に配合する独自のむし歯予防成分「薬用ハイドロキシアパタイト」の名称の認知、理解が低いことを課題とし、「第7回販促会議企画コンペティション」へ出題した。

課題テーマは、日本記念日協会が「歯が命の日」として認定した8月1日を軸に、成分の名前と価値を伝えるというものだ。これに対しjekiの林氏は、「薬用ハイドロキシアパタイト」を入り口に、歯の健康を夏休みの自由研究テーマにしてもらうイベント企画を提出する。

ところが同企画は、協賛企業賞候補になったものの、受賞を逃してしまう。にもかかわらず実現に向け選んだ理由を、サンギ マーケティング本部の毛籠敏之部長はこう語る。

「母親は子どもの健康を一番に考えるもの。歯みがき剤の成分にも敏感な層で、訴求対象として適切です。子どもにも歯の健康の大切さを伝えられ、社会貢献活動にもなり得る企画でしたので、当社から実現に向けご連絡いたしました。夏休みの自由研究含め、宿題を子どもにさせることは母親お悩みの種の一つでもあります。当社の課題解決だけでなく、ユーザーインサイトをとらえた企画で、実現性が高いこともポイント」。

一方、jekiの林氏は、「課題に対して徹底的に向き合い、ターゲット設定やアプローチ方法について考え尽くしました」と、企画を立てた当時を振り返る。「それで『小学生の母親を対象としたイベント』はどうか、というアイデアが生まれたんです。そこにとどまらず、もっと積極的に参加したくなり、薬用ハイドロキシアパタイトの理解も期待できる企画として『子どもの自由研究イベント』を提案しました」。

現在、サンギとjekiの両社は、今夏の開催に向け、企画の詳細を詰める段階に入った。協賛企業による企画採用は、受賞作だけにとどまらない。企画募集中の第8回でも、現実の人を動かし、商品やサービスの普及につながる企画が待たれている。

img02

第7回販促コンペの応募企画が実現に動き出した。「薬用ハイドロキシアパタイト」の認知を高めるため、自由研究を軸に、母親層とその子どもを引きつけるイベントを開催する。

応募者のjeki林小吾朗氏のコメント

実現を目指すには、企業が持つ課題を整理し、その解決策を正確にアウトプットするための業界分析や、商品・サービスに触れるといった情報収集は欠かせません。そこにクリエイティブジャンプを加えた企画を組み立て、自信と熱意を持ってプレゼンを行えば、実施により近づくのではないかと思います。


サンギ
マーケティング本部 部長
毛籠敏之氏

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する